sugar

sugar

昼間はサラリーマン

さんの書評2018/11/14

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

『イノベーターのジレンマ』は1997年にベストセラーとなったアメリカハーバード大学のクレイトン・クリステンセン著書の有名な本である。
原書となる本を読んでないので比較は出来ないが、HDD業界の栄枯盛衰な世代交代をネタにその原因を記しているとのことだが、この本の中でかなり噛み砕いて説明している。
要は「既存企業は失敗した。その原因は、経営陣がバカだったからだ」
そのことについて著者は思考停止であると指摘している。
著者は動学ゲームと技術革新の実証分析を専門としているため、イノベーターのジレンマ、その原因をじっくりロジックで考え、しっかりと定量的なデータから論理と現実とを接続して実証分析をしてくれている。
つまり、結論ではなく実証過程を味わう本である。
その実証過程は非常に明瞭であり、痛快さすら漂う。
また難しい話が続いた際は程よく軽い話を挟む内容で飽きさせない。更に、著者が気にしている思考停止に陥らないために、どのようにしたらこのジレンマから逃れることが出来たか?までも記載されている。
また小難しいが理解し、実際の仕事に使用できるようになれば非常に強い武器となるだろう。
経営やそれなりの立場にいるものは、根性や義理人情など目に見えないものにすがるよりこの本にすがる方が答えは明確になるだろう。
つまり、その者にとって”絶対、買いの本”である。

処で、結局、HDD業界を定量的に分析した結果は
「既存企業は抜け駆けの誘惑に強く駆り立てられている。」
「イノベーション能力も、実はかなり高い。」
「にもかかわらず腰抜けなのは、主に共食いのせいである。」

但し、それだけでは終わらない。その解決方法を模索し、以下の3点に要約
①既存企業は、たとえ有能で戦略的で合理的であったとしても、新旧技術や事業間の「共食い」がある限り、シンザン企業ほどにはイノベーションに本気になれない。(イノベーターのジレンマの経済学的解明)
②この「ジレンマ」を解決して生き延びるには、何らかの形で「共食い」を容認し、推進する必要があるが、それは「企業価値の最大化」いう株主(つまり私たちの家計=投資家)にとって利益に反する可能性がある。一概に良いこととは言えない。(創造的「自己」破壊のジレンマ)
③良くある「イノベーション促進政策」をに大した効果はkindle遺体で着ないが、逆の言い方をすれば、、現実のIT系産業は丁度よい「競争と技術革新のバランス」で発展してきたことになる。これは社会的に喜ばしい事態である。(創造的破壊の真意)

以下、この著書にある読書案内である。
①ミクロ経済学の力 https://goo.gl/emHL3Y
②レヴィット ミクロ経済学 基礎編 https://goo.gl/WZLR4W
③「原因と結果」の経済学 データから真実を見抜く思考法 https://goo.gl/XHBBgA
④計量経済学の第一歩 実証分析のススメ https://goo.gl/7GFLfS
そのほか⑬まで紹介されている。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/10/28

全米は、泣かない。

全米は、泣かない。

お笑いトリオ「グランジ」のひとり、五明さんによる有名コピーライターさんへの直球の質問を中心とした対談をまとめた本である。
コピーは言葉と感情を結び付けて、更に濃縮に濃縮を重ね、無駄をできるだけそぎ落とした先にできるものであり、そのため芯を喰らったものでなくてはならず、その過程は人それぞれではありかなりブラックボックスと言える。
個人的にはコピーライターの考えは、普段のプレゼンや顧客に対してものを売る技術に通じるものであり、如何にして相手が考えているものの上を行くか、それをもって如何に相手に新しいことを気づかせられるか?が重要と考えている。
ただ実際にプロはどのようにしているのか?
興味深い。
その中ではウェブの登場により、その前の時代において一番大切な能力とされた文章を削って集約する能力が否定される場面が出ている現実などは面白い発見であった。
しかも、五明さんもまだまだ駆け出しであるため、質問のプロセスが非常に明確になっており、疑問点、更に要点も良く整理されている。
その中で今後、応用が利きそうな箇所を抜粋する。

問題に対して、自分で簡単な制限を掛けることにより思考の幅を集約し、とりあえず出すこと。それによりアイデアがそれに乗ってきて、次々と出てくる。

最初に考えたアイデアで満足しない。別のアイデアを考え、締め切りまで競わせる。

言葉を変えたことで何のプラスが生まれるかを自問自答しながら検証していく

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/10/14

全脳エミュレーションの時代(上):人工超知能EMが支配する世界の全貌

全脳エミュレーションの時代(上):人工超知能EMが支配する世界の全貌

正直、機械工学などの工学部向けの本である。
無頼漢には非常に難解な言葉が連続してくるので、文脈を理解するのに非常に時間がかかった。
特にエムの基本的な脳(知能)を構成するユニットの話はほとんど理解できなかった。
基本的な機械工学やコンピューターに関する知識がない限り、脳構造や機構を理解している方ではあるが、意味を理解するまでは至らなかった。
但し、この著者は非常に幅広く、正確な情報提示からそれらを統合し、自ら考察しており正確性はかなりのものだと感じる。
その中で気になった箇所に関して、以下に記する。

時代の価値観
個人の価値観と国家の価値観の2種類は独立して変化している。
個人の価値観は貧しい国と富める国で異なっており、貧しい国では服従、安全、結婚など電動的な価値観が重視される。対照的に富める国では個人主義、自立、忍耐、などの価値観が重視される。つまり、「左翼/リベラル」=富める側、「右翼/保守」=貧しい側という対比が行われる。
国家の軸はアメリカで尊ばれる小さな家族中心の価値観(資源、権力、成果)
ロシアなどの国で尊ばれる大きなコミュニティ中心の価値観(謙遜、思いやり、信頼性)
これらは農耕民か狩猟民かで大きく異なる可能性が考えられる。
狩猟採集民の価値観は今日の「豊かで/リベラルな」な人たちの価値感に近く、最低水準の農民は「貧しく/保守的な」人たちの者に近く、工業が八卓子豊かになると農民の価値観はリベラルな狩猟採集民の価値観へと移行してくのが平均的なパターンである。
農民が直面する社会的圧力を利用して服従や宗教などの文化が進化を遂げた結果、本来は狩猟採集民として行動するはずの人類が農民としてふるまっていたと考えられる。
実際、富める国の工業時代の価値観は、狩猟採集民の価値観と重要な点で異なっている。例えば都市部への人口集中や匿名性が受け入れられ、職場では仲間意識が希薄で、上からの締め付けレベルが高い。工業時代に生きる人々がこのような職場の価値観を手放さないのは、さもないと収入を得る能力が損なわれる恐れがあるからだ。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/10/13

amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazonについてはECサイトだけではなく、クラウドサービス会社AWSであり、AIを駆使した倉庫ロボット
KIVAによる物流革命を知っていたため、それらによる巨額の利益を背景にコストコと同様にamazonプライム会員を伸ばし、amazon経済圏を伸長させるビジネスモデルかと思っていたが、この本ではそれ以外の部分も指摘があり、大きな気づきとなった。
特に以下の部分である。
①FBA
②CCC
③アマゾンレンディング

①FBA:マーケットプレイスはただのオンラインの場を提供するだけ(まさに楽天)だが、FBAを利用すると、どんな企業もamazonのインフラが使用できる。
商品の保管から注文処理、出荷、決済、配送、返品対応まで全てをamazonがまとめて代行してくれる。
これはすごい。
まさに三方好。
出品者は商品の管理や配送、さらに返品対応などに時間も資金も取られることはなく、消費者もなじみの同じプラットフォームで簡単に商品を購入できる。
更にはamazonにとって②CCCにも関わるが、出品者の売上などの情報を取得でき、売れ行きが良いものはPB化や買収なども視野にamazonは経済活動ができる。
また楽天で売る商品をamazonから出品してくれる便利すぎるサービスを提供してくれる。これは既にamazonはNOVOCC(MVNOと類似したサービス)にも同じことが言えて、amazonは既に航空輸送のほか、海上輸送にも手を広げており、海上における輸送を高度なIT技術により、自社で輸送機関を持たずに最適なルートを選択し、輸送費を抑えている。もうお手上げである。
②CCC:仕入れた商品を販売し、何日間で現金化されるかを示したものである。小さければ現金を回収できるサイクルが短いということで、手元にキャッシュを長い時間持つことが出来る。つもりCCCは小さければ小さいほど良い。
これにおいてamazonのCCCはマイナスである。
これは先にamazonプライムにより多額の現金を入手しており、更に広告費でも更に利益を得ている。また出品者からはあらかじめ商品を倉庫に入れているため、現金(出品者からの納金の遅れ)がない場合の保険にもなる。
更にマーケットプレイスにおいて、消費者からの支払いはamazonが一括して受けている。その売り上げから手数料を差し引いて、出品者に返しており、この預り金によりCCCがマイナスとなっている。
これによりamazonは無利子の多額の現金を持つことが出来、それらを設備投資に回し、更に効率的な現金化を目指している。
③アマゾンレンディング:2014年から始まった法人向け融資サービスである。銀行は決算書や計画書などを基に融資の有無を人が決定する。しかし、amazonはマーケットプレイスを通じてリアルタイムの情報を基に融資判断する。
過去しか正確ではない決算書や不確定な計画書などではなく、リアルタイムを基準に判断しており、情報の新鮮度が違い、更に判断はそのデータを基に自動化されており、企業が望んでいなくても通知が自動的に来るようになっている。
しかも融資の申し込みから24時間以内に資金が借りられ、返済もアカウントから自動引き落とし。繰り上げ返済の際も手数料はかからず、売上から相殺することもできる。
更にamazonは今後、金融業に手を出していく可能性がある。

このamazonをまとめた本を読んで、いまだ知らない部分、特にプラットフォーマーとしての手法には驚かされた。
今後、amazonには勝てないのだろうか?いや、勝てる。
特にamazonが失敗した分野。携帯事業などの通信業
更にはそのほかのインフラである電気事業でシナジーを生み出せる分野となるだろう。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/09/12

天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法―コロンビア大学ビジネススクール最重要講義

天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法――コロンビア大学ビジネススクール最重要講義

この本の最初に書かれているが、この本を読んだからと言って突然、ひらめきを得られるわけではなく、単純なツールが記載されているわけでもない。
ただ必要なのは①オープンマインド、②人生戦略マップ、③アイデア・ネットワーキング
これらを用いて”第7感=新しい状況で「斬新な答え」を生み出す能力”を発揮できるように思考を向けていくことが重要であることが記載されている。
つまり、”過去の事象や経験から直感的に知覚し、行動に移す=第6感”とは異なり、新しいことを生み出すためのマインドセットが①とも言え、それを更に人生で実行するための②を根幹に自分の人生の目標達成を目指し、常にブラシュアップするために③を用いて、ひとりでは到底ひねり出すことができない着想を得て、第7感を発揮するのが大きな流れとして書かれている。
また最後には、この講義を受講した生徒の生の声とその時の状況が記載された付録がついており、実生活において落とし込むのを容易にしている。
この本は読んで終わりではない。
実際に第7感を発揮し、人生をより豊かにするためには①だけでなく②、③と実行する必要がある。
まずはおぼろげな②の前に、時間と労力がかかる③を進めるため、友人にでもコンタクトを取ってみよう。動かざる者に第7感は訪れることはないのだから

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/08/03

お金2.0 新しい経済のルールと生き方  佐藤 航陽(著)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方  佐藤 航陽(著)
本書は著者がこれまでビジネスにおいて経験し、確信に変えてきたお金に関する概念を示したものであり、著者が考えるお金の本質を記したものである。
前半は法定通貨と仮想通貨の違い、仮想通貨や評価経済を成り立たせる経済システムの仕組み、それらに影響するテクノロジーなどを解説する。
後半は、そうした社会の動きから生まれつつある、資本主義に代わる価値主義と、その中で人がどういう生き方を選ぶべきかという筆者の考えを述べている。
つまり、お金を中心とした考え方の枠組みを示したものであり、非常に興味深い内容であった。

以下、気になる点についてまとめる。

■経済システムの特徴: 「経済システム」は、大前提として自己発展的に拡大していくような仕組みである必要がある。誰か特定の人が必死に動き回っていないと崩壊するような仕組みでは長くは続かない。この持続的かつ自動的に発展していくような「経済システム」には5つの要素がある。
① インセンティブ、 ② リアルタイム、 ③ 不確実性、 ④ ヒエラルキー、 ⑤ コミュニケーション

■これから10年の大きな流れ:  世の中に膨大なデータが溢れたことで進んでいく「分散化」とネットワーク型社会に移行することで起きる「自動化」の2つ。そして、この2つが混ざった時に起こる「自律分散」というコンセプト。すなわち、インターネットやビットコインのように中央集権的な管理者がいなくても上手く回る仕組み。シェアリングエコノミー、ブロックチェーン、深層学習、IoTなどの技術トレンドもこの仕組みの実現に必要な要素。

■価値主義: お金が調達しやすい環境になったこと(ベージックインカムの導入などもそうした潮流の1つ)で、信頼や時間や個性のようなお金では買えないものの価値が相対的に高まっている。「価値」を最大化しておくことが重要で、お金は価値を資本主義経済の中で使える形に変換した選択肢の1つに過ぎなくなっている。これらを踏まえ、価値主義とは次の2つの変化が混ざった現象といえる。
①お金や経済の民主化: これまで300年近く国家の専売特許とされてきた通貨の発行や経済圏の形成が、新たなテクノロジーの誕生によって誰でも簡単に低コストで実現できるようになりつつあること。
②資本にならない価値で回る経済の実現:これまで具体的な価値として計測されてこなかった内面的な価値や社会的な価値をも可視化して、それらも経済として成り立たせること。

さらには経済と政治、宗教の境界線が希薄になる。
AIを神として崇めて世の中をより良くすることを教義とする新興宗教は元々の経済と同じで、企業が理念を掲げ社会的な価値をより追及していく流れにあり、一方で宗教は内面的な価値を取り込み経済を形成する。

今後の生き方としては「枠組みの中で競争して生きる」のではなく、『枠組み自体を作る競争をしなければ生きていけない』

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/05/19

ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。

ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。

著者は若干15歳で起業した日本では当時、かなり稀有な存在としてこれまでビジネスの世界で戦い生き残ってきた。
その著者がどのようにファイナンスを捉えているのか?の一端が垣間見れる本である。
基本的なファイナンスの知識がない小生でも内容が理解できる範疇でありる。
それはこの本の根幹を『ファイナンスの知識を考え方の枠組みとしてとらえ、事業を考える。』としており、ビジネス書よりは哲学書に近い位置を狙っている点であり、小生にとって非常に新鮮であった。
著者は事業家と起業家を以下のように定義している。
事業家とは、既存の事業に関わり、それを経営し、成長させていく人
起業家とは、自分で会社を立ち上げる人
そして、事業家となるための一歩としてファイナンスがあり、それを用いて事業を行う時のリスクは何か、それに伴うリターンは何かを考えて、どの事業をどのタイミングで立ち上げるのが最適かを緻密に計画し、時には大胆に実行していくための考え方を養う必要があると説く。
そしてM&Aは乗っ取りではなく、自ら乗り込んで立て直す自信がある者同士の戦いであり、その際にファイナンスを用いて意思決定を行うことが重要であると

目的を哲学的なものとして始めているが、基本的に出てくる話は過去に起こった事例を紹介して、その際に使われたファイナンスの概要を説明している。
どのような意思決定をどの枠組みで捉えたのかは比較が重要であり、その点は目的を達成しているかは大いに疑問が残る。
ただファイナンスを電卓を叩く机上のものではなく、意思決定を行うための一つであるという考え方はアレルギーがあるものに一定の希望と新しい風を吹き込むものに感じる。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/04/20

「ラクして速い」が一番すごい

「ラクして速い」が一番すごい

著者は世界的な外資系コンサル会社で、グローバル展開やM&A、そして事業再生にもづく人事制度改革・人材開発に24年以上関わり、そこで行ったの「人の目利き」は5万人を超えるリストラ、そして6000人以上の優秀なリーダー・幹部の選抜を行ってきたプロ中のプロである。
そんな著者が断言するその差、違い。それは「一秒でも早く仕事を終わらせる」意識・心がけを持ち、日々の仕事に取り組めているかどうか
その点について、簡単であるがその心構えを実行するためのノウハウを記載している。
それらは経験だけでなく、論理的であり非常に納得できる内容である。
①一生懸命頑張るけれど、やり直しが多い。→一発で決める。
②すべてに全力投球で、疲れ果てる。→スパっと割り切る。
③責任感を持ちすぎて、仕事を抱えすぎる。→抱え込まない。
④根回しに努力と時間をかけすぎ、疲弊する。→組織の「壁」を利用する。
⑤上司の指示通りにやるが、結果が伴わない。→自分で「できる」ようになる。

上記において、気になった部分を以下に示す。
①ロジカルに話すより、「重要なことは何ですか?」と聞く
クーラーを購入に来たお客と店員の話を事例に
1)テーマ(何について話すのか。例:クーラーを買い替えたい)
2)論点(どんな点を基に判断するか。例:クーラーの価格、ランニングコスト、保証期間と内容)
3)結論(何を伝えたいのか。例:B社のクーラー)
4)根拠(なせその結おrんなのか。例:15年使うなら、電気代とクリーニング代、保証を入れるとB社の方が安くなるから)
→相手が重要視する「1)テーマ」「2)論点」の順で話そう

①報連相ではなく”ソラ・アメ・カサ”で確認する
→「どうなりそうか」を口癖にして未来を、アメを予想するのが命

②うまくやるコツより、「普通の人と一番違うポイント」を聞く
普通の人は「自分のやり方」と「優秀な人のやり方」の違いがわかりません。
一方、優秀な人は「自分のやり方が普通の人とどう違うか」を知っている。
→ただ普段意識することは少ないので、あえて「普通の人との違いは何ですか?」とズバリ聞く

②仕事の依頼時は「作業」より「作戦」を伝える。
アウトプットを示したうえで、具体的な「HOW(どうやるか?)」を伝える
→そもそもの目的から話し、作業効率を高めよう

③どんなにイヤな仕事でも、まず「わかりました」と言う
1)断る場合でもまず、「わかりました」と言う→大事な事は相手とスムーズなやり取りをすること
2)いつならできるかを言う→「今の仕事の次に着手すれば、午後4時には仕上げられますが、間に合いますか?」と、自分の仕事の具合を伝えたうえで、いつまでならできるかを伝える
3)予定を確認したうえで、いつまでに返事するか具体的な時間を言う
4)他の人を紹介する→「今できるか聞いてみますね」や「私から彼にメールを入れておきます」という「つなぎのひと手間」を行い、断った際の心証を良くする
5)優先度を確認する。→仕事が重なった場合、上司に進め方を伝える。
→どうすれば依頼された仕事が速く進むかを考えると、逆に感謝される。

③ファイル・フォルダを作る前に、用語集を作り、ファイル名でバージョン管理
OK:NG方式で作る→例)OK:報告書 NG:調査書、レポート

③打ち合わせはメモより、ホワイトボードにまとめる
ホワイトボードは2枚用意→1)目的、ゴール、論点、終了時間、会議で出た結論を書く。2)議論のファシリテーションに使用

④仕事は「巻き込み」より、「共通の敵探し」でうまくいく
ライバル会社を「敵」にしてはいけない。
主語を「対立先」から「本質的な相手」に変える。相手を「勝たせる」「喜ばせる」を目的とする。

④「これでよろしいでしょうか?」より「こうしましょう!」とはっきり言う
根回しは中身より”最後のひと言”が大事

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/03/30

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

「知っているか、知らないか」、「やるか、やらないか」で累乗で差がつく。
まさにその通りである。
この本には何を知るべきなのか。やるべきなのかをどのように判断すればいいのかが列挙されており、内容は納得するものばかりであった。
但し、この本を読んだからと言ってやれる保証はない。
例えば、新人が会議中にPCを開いてメールを打つなどは到底、日本の企業では考えられない。
つまり、知っていても実行に問題が生じることが現実世界では多くあり、それを回避する方法は示されていない。
以下、本の内容で気になった部分を示す。

打合せの「持ち帰り」をゼロにする。
ミーティング中に担当者に確認しなければならないことが出た時点で、素早く担当者にメール。しかもCCメンバーに「CC各位 このメールを見たら本人に伝えてください」

打合せは終了時刻を「宣言」してから始める。
ゴールを設定
時間配分を宣言
惰性で30分、60分に決めない

「とりあえず」、「いったん」は禁句
「忙しい」とは言わない

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/03/17

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

この著者「本山勝寛」氏は非常に考え方を構造化しており、なぜそのような行動をすべきなのかを理論立てて自らが納得する形で独学を進めている。
まずこの独学がなぜ最強なのか?を自らの経験と現在の状況を顧みて理由を説明し有象無象の読み手を独学術の入り口まで誘い、どのように実践すれば良いのかを実生活に落として説くので非常に説得力が感じられる。
独学術も「独学1.0」、「独学2.0」、「独学3.0」と実践すべき目的、目標を明瞭に示し、その結果、応用を諭す。
各章はそれぞれを更に分解し、読者に生活を想定した内容に合わせ具体的な手法を示し、更に最後にまとめを作り、再確認を行う。
その流れは淀みなく、一気に読める。

独学1.0←独学でのインプットとアウトプットの重要性を説き、現在だからこそ可能であることを示す。アウトプットでは客観的な結果を求め、インプットの改善を図り知識のアップデートを進める。その場で求められる問題への解決(例えば、試験)を想定
独学2.0←自分の知的資産を増やす未来への投資であると同時に、自分自身の知のレベルをアップデートさせる。つまり、現在直面している問題に対応するための知識ではなく、その周辺への造詣を広げ深化させる独学術であり、どのように楽しむのかを説く。
独学3.0←そんな変化にも対応し、進化し続けるための独学術。独学1.0、2.0を実践し、現実世界での応用方法を説く。一生伸び続けるための極意であり、新しい時代を切り拓き、夢を叶えるための力の貯る重要である。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんのコメント2017/04/16

教える技術
行動科学を使ってできる人が育つ
「叱る」際のポイント
人格や性格を叱ることは間違い
「どうしていつもモタモタしているんだ」「そんな性格だから売れないんだ」など人格や性格を叱ることは間違い
あくまで焦点はその人の「行動」
・やらなければならないのに、やらなかった行動
・やってはいけないのに、やってしまった行動
実行してほしい行動は、具体的な表現で説明し場合によっては具体的な改善策やアイデアを与える。

さんのコメント2017/03/18

社会人になってもちゃんとした意味を理解しないために使用を控えてきた言葉の成り立ちから漢字の意味を知ることができ、有益なものであった。
以下にいくつか列挙する。

幾重にも御礼申し上げます。
ご隆昌の段、慶賀の至りに存じます。:言祝ぎ:ありがたい素晴らしいことがたくさん次々と起こりますよう
敷衍:抽象的なことを具体的に話す。
忖度する:相手のことを推し量る。
あまつさえ:そのうえ、驚いたことに、あろうことか
いみじくも:まことにうまく、適切にも、巧みにも、まさに、よくも
縷説する:よく言えば「丁寧」、悪く言えば「くどい」
雅致がある:趣がある。

さんのコメント2016/11/05

基本的なことではあるが、非常に有益であった。
特に実際の事例を元に流れや、その理由を丁寧に説明し、思考の整理を行うのに重きを置いているので、紹介されている業種以外であってもすぐに自分の仕事に落とし応用できるようになっている。
別段、究極のメソッドや解決策を幇助しているわけではなく、一般的であり、且つデキる営業は自然と行っていることではあるが、平易な営業だけでなく、研究、間接部門などBtoBに関わる全ての業種において思考の整理や行動の改善に向けて十分に得るものがあると思う。
特に”主語を「あなた」の二人称にする”は自分でも希薄になっていたと感じるものであり、自分の仕事を振り返り、修正すべきところがあると感じた。