さんの書評2018/10/14

全脳エミュレーションの時代(上):人工超知能EMが支配する世界の全貌

全脳エミュレーションの時代(上):人工超知能EMが支配する世界の全貌

正直、機械工学などの工学部向けの本である。
無頼漢には非常に難解な言葉が連続してくるので、文脈を理解するのに非常に時間がかかった。
特にエムの基本的な脳(知能)を構成するユニットの話はほとんど理解できなかった。
基本的な機械工学やコンピューターに関する知識がない限り、脳構造や機構を理解している方ではあるが、意味を理解するまでは至らなかった。
但し、この著者は非常に幅広く、正確な情報提示からそれらを統合し、自ら考察しており正確性はかなりのものだと感じる。
その中で気になった箇所に関して、以下に記する。

時代の価値観
個人の価値観と国家の価値観の2種類は独立して変化している。
個人の価値観は貧しい国と富める国で異なっており、貧しい国では服従、安全、結婚など電動的な価値観が重視される。対照的に富める国では個人主義、自立、忍耐、などの価値観が重視される。つまり、「左翼/リベラル」=富める側、「右翼/保守」=貧しい側という対比が行われる。
国家の軸はアメリカで尊ばれる小さな家族中心の価値観(資源、権力、成果)
ロシアなどの国で尊ばれる大きなコミュニティ中心の価値観(謙遜、思いやり、信頼性)
これらは農耕民か狩猟民かで大きく異なる可能性が考えられる。
狩猟採集民の価値観は今日の「豊かで/リベラルな」な人たちの価値感に近く、最低水準の農民は「貧しく/保守的な」人たちの者に近く、工業が八卓子豊かになると農民の価値観はリベラルな狩猟採集民の価値観へと移行してくのが平均的なパターンである。
農民が直面する社会的圧力を利用して服従や宗教などの文化が進化を遂げた結果、本来は狩猟採集民として行動するはずの人類が農民としてふるまっていたと考えられる。
実際、富める国の工業時代の価値観は、狩猟採集民の価値観と重要な点で異なっている。例えば都市部への人口集中や匿名性が受け入れられ、職場では仲間意識が希薄で、上からの締め付けレベルが高い。工業時代に生きる人々がこのような職場の価値観を手放さないのは、さもないと収入を得る能力が損なわれる恐れがあるからだ。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: