さんの書評2018/07/061いいね!

お米を食べないと老化が進む!?

お米を食べないと老化が進む!という衝撃的なレポートをテレビでやっていて、元ネタのデータを知りたくて都築氏の著作に当たった。
本書は都築氏が進める「日本食プロジェクト」の実践編として、1975年型の食事のレシピを多数紹介したものだ。
高度成長期で、まだ日本人がみんな貧乏だった時代だが、食材やメニューはそれなりに現代的で、質素という感じではない。コンビニ食材を使ったメニューもあって実用的。
冒頭数ページだけだがデータも掲載されていて、年代ごとの食事でずいぶん寿命や病気に差があるのがわかって参考になった。
1975年の食事のポイントは、①食材の種類が多い、②煮炊き中心の調理、③米を主食に豆、魚介、野菜が多めに食べる、④味付けはだしと発酵調味料、⑤ごはん+汁物におかずは2皿以上、ということだ。昨今の炭水化物悪玉論になんとなくのっかってお米を避けていたが、本書によれば、普通に食べればいいんだ、ということであろう。白米悪玉論のお医者さんも多いが、反論がないか、探してみたい。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: