さんの書評2018/03/30

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

「知っているか、知らないか」、「やるか、やらないか」で累乗で差がつく。
まさにその通りである。
この本には何を知るべきなのか。やるべきなのかをどのように判断すればいいのかが列挙されており、内容は納得するものばかりであった。
但し、この本を読んだからと言ってやれる保証はない。
例えば、新人が会議中にPCを開いてメールを打つなどは到底、日本の企業では考えられない。
つまり、知っていても実行に問題が生じることが現実世界では多くあり、それを回避する方法は示されていない。
以下、本の内容で気になった部分を示す。

打合せの「持ち帰り」をゼロにする。
ミーティング中に担当者に確認しなければならないことが出た時点で、素早く担当者にメール。しかもCCメンバーに「CC各位 このメールを見たら本人に伝えてください」

打合せは終了時刻を「宣言」してから始める。
ゴールを設定
時間配分を宣言
惰性で30分、60分に決めない

「とりあえず」、「いったん」は禁句
「忙しい」とは言わない

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: