旅の計画をたてるときの3冊

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

文房具と旅をしよう

寺村 栄次

本郷で文房具やSCOSを営業する著者のお二人が、好きな文房具を求めてヨーロッパを訪れた際の旅模様と好きな文房具のこと。

図書館指定なし

オランダ大好き! 単行本

オランダに住んでいる方のオランダの楽しみ方。写真もたくさん掲載していて、オランダの日常が垣間見える。

図書館指定なし

ミュージアムショップ トリッパー!

森井 ユカ

フィンランド、スウェーデン、イギリス、フランスのミュージアムグッズを紹介。雑貨を買いにミュージアムへ行こう。

旅に出る人にオススメ

旅に出よう、と思ったとき、みなさんはどうやって行程を決めるだろうか。
私が初めてヨーロッパに行ったのは無職のとき。せっかくなので1ヶ月くらいかけてゆっくりとヨーロッパに滞在したいなぁ、さて、どこに行こうかな。どうやって巡ろうかな……とぼんやり思っていたときに見つけた本が「文房具と旅をしよう」だ。ヘルシンキ〜ストックホルム、オランダやパリ。彼らが文房具を求めながら旅する姿は、ヨーロッパの“いつもの街”の風景を伝え、そこでお気に入りの文房具を求める著者の“いつもの行動”がとても自然で、訪れた街の魅力を伝えていた。どのガイドブックよりも“この街に行ってみたい”と私に思わせた一冊。

テレビでディック・ブルーナ特集を観ていて、紹介されていたオランダを走る「自転車カフェ」。乗りたいなぁと思ったけれど、オランダのどこに行けば乗れるの?? と思いながらこの本を手に取ると、本のなかにテレビで観たのと同じ「自転車カフェ」の写真があった。
よしっ!! とりあえずオランダ行こう。行ってから考えよう。
ちょうど、オレンジ祭りもあるみたいだから、その時期にアムステルダムに滞在するようにしよう。
この本を読んで……そんな適当な感じで1ヶ月の行程のパズルを1つずつ完成させていった。

「ミュージアムショップ トリッパー!」は、かわいくもクスリと笑ってしまう美術館のグッズを紹介していて、ミュージアムっていうと、ちょっと身構える、さぁ、行くぞ!鑑賞するぞ!って気合いが必要な部分があるんですが、これを読んでから、ふらりとした気持ちでミュージアムに足を運ぶようになりました。

番外。
個人的にはミュージアムのトイレもチェックしています。
ちょっとした部分、ドアの取ってとかタンクの形とかにふふふ、と思わせることも多いです。

たくさん行きたい所や見たいものがあって。
欲張りすぎて、がんばりすぎて。
出会えるもの、出会えないもの。
すれ違う人、もの、街。
すべてがいとおしい。


19人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:2433回、公開:2011/05/16

レシピの感想を書く

書いた人 : トミザワリョウコさん

ライターや校正をやっています。
図書館に行くと、リラックスできるときと、たくさんの本に囲まれてドキドキして心臓がばくってする時もあります。

著書:
「TOKYO図書館日和」(アスペクト)

Twitter : kuulunam - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む