STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!

あなたに届けたいこの一冊

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2)

岡田 尊司

私が精神科医に「アスペルガ―症候群」の疑いがあるのでは、と言われた時に借りて読んだ本です。

図書館指定なし

シンプルに生きる

邦男 柳田

『東日本大震災』後に出会った本です。

図書館指定なし

言葉の力、生きる力 (新潮文庫)

柳田 邦男

……わが子を失った悲嘆の日々を癒し、絶望を希望に変えてくれた貴重な一言など、人を勇気づける言葉、心を温めてくれる言葉を集めて、日本語が持つ豊 な力と煌めきを呼び覚ます必読のエッセイ集。-本書より-

図書館指定なし

自分のなかに歴史をよむ (ちくま文庫)

阿部 謹也

私が三年半、自助グループ活動を始めてまもなく、講演者として話をさせていただいた時に土台とした本です。

図書館指定なし

発達障害を見過ごされる子ども、認めない親 (幻冬舎新書)

星野 仁彦

アスペルガ―症候群と診断されてから、出会った本です。

図書館指定なし

慰めのコイノーニア―牧師と信徒が共に学ぶ牧会学

加藤 常昭

加藤常昭先生の近著です。

図書館指定なし

聖書の牧会者たち (魂への配慮の歴史)

加藤常昭先生の訳書です。

図書館指定なし

魂への配慮の歴史 (7)

C.メラー

加藤常昭先生の訳書です。

図書館指定なし

魂への配慮の歴史 (8)

C.メラー

加藤常昭先生の訳書です。

図書館指定なし

天水桶の深みにて―こころ病む者と共に生きて

R. ボーレン

加藤常昭先生の訳書です。魂への配慮に生きる者の必読書です。

図書館指定なし

文学としての説教

加藤 常昭

加藤常昭先生の著書です。x

図書館指定なし

発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)

星野仁彦

アスペルガ―症候群を理解する上で助かっています。

図書館指定なし

発達障害に気づかない大人たち<職場編>(祥伝社新書237)

星野仁彦

アスペルガ―症候群を理解する上で助かっていまぃす。

図書館指定なし

公共哲学 政治における道徳を考える (ちくま学芸文庫)

マイケル・サンデル

『東日本大震災』直後、マイケル・サンデル教授の講義に関心を持ち、専門学校生の時に学んだディベートを思い出しました。

図書館指定なし

イエス・キリストを説教するとは―こころからこころへの言葉を求めて 説教塾開設25周年記念説教塾シンポジウム講演集

一昨年に参加した『説教塾開塾25周年記念シンポジウム』の記録集です。

図書館指定なし

できることを少しずつ 香山リカの目

香山 リカ

『東日本大震災』後の出版物です。

図書館指定なし

「想定外」の罠―大震災と原発

柳田 邦男

震災直後から「想定外」という言葉が多く使われていますが、原発事故は本当に「想定外」だったのでしょうか。

図書館指定なし

ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図

NHK ETV特集取材班

ETV特集で放送されたシリーズが単行本化されました。

図書館指定なし

原発メルトダウンへの道: 原子力政策研究会100時間の証言

NHK ETV特集取材班

やはりETV特集で放送された原発事故関連の番組が基になっています。

図書館指定なし

人はなぜ眠れないのか (幻冬舎新書)

岡田 尊司

「うつ病」になってから睡眠障害になりました。この本は、アスペルガ―症候群に詳しい著者の出版物ということで買いました。

図書館指定なし

キリエ―宗教詩集

ヨッヘン クレッパー

一昨年の『説教塾開塾25周年記念シンポジウム』の最終日、礼拝説教でこの詩人と宗教詩集が出版されていることを聴き、すぐに買いました。

図書館指定なし

発達障害とその子「らしさ」~児童精神科医が出会った子どもたち~

田中 哲

本書は子どもの発達障害について論じていますが、大人が読んでも十分わかる文章で書かれています。

図書館指定なし

愛の手紙・説教―今改めて説教を問う

加藤 常昭

加藤常昭説教論を学ぶ手がかりとして読み続けています。「愛の言葉」の習得を目指して続けて読んでいます。

図書館指定なし

説教の神学

D. リッチュル

「説教は神の言葉である」を、リッチュルの著書から学び続けています。

図書館指定なし

説教学講義―イーヴァント著作選〈1〉

ハンス・ヨアヒム イーヴァント

ドイツ告白教会に生きたイーヴァントが牧師補研究所で実際に語った講義です。読んでいるうちにエキサイトします。

図書館指定なし

み言葉の放つ光に生かされ―一日一章

加藤 常昭

日常生活での朝の祈りに読んでいます。

図書館指定なし

自伝的説教論

加藤 常昭

尊敬する加藤常昭先生の足跡を辿ることができます。

図書館指定なし

「世間」とは何か (講談社現代新書)

阿部 謹也

著者の『自分のなかに歴史を読む』を読み進めていくうちに、同書と出会いました。

図書館指定なし

「教養」とは何か (講談社現代新書)

阿部 謹也

著者の『自分のなかに歴史を読む』を読み進めていくうちに、同書と出会いました。

図書館指定なし

老いを生きる―教会の課題、キリスト者の課題 (キリスト教カウンセリング講座ブックレット)

加藤 常昭

キリスト教カウンセリング講座ブックレットの一冊です。長く牧師職をされた加藤常昭先生の視点から、老いについて学ぶことができます。

図書館指定なし

老いとそのケア (キリスト教カウンセリング講座ブックレット)

斎藤 友紀雄

キリスト教カウンセリング講座ブックレットの一冊です。『いのちの電話』を通して自殺対策に関われてこられた著者が、医療・福祉の視点で老いについて考察しています、

図書館指定なし

心の病とキリスト者の関わり (心の援助シリーズ)

工藤信夫

キリスト教書店に足を運んだ時、実際に本を手にとって関心を持ちました。

図書館指定なし

福祉の哲学 (社会福祉専門職ライブラリー 基礎編)

阿部 志郎

専門学校で社会福祉を学び終え、自助グループを立ち上げた頃、社会に名前が知られている著者の本と出会い、社会福祉従事者としての心構えを教わりました。

図書館指定なし

人と社会―福祉の心と哲学の丘

阿部 志郎

この本も自助グループを続けていた頃、社会福祉従事者としての心構えを教わりました。

図書館指定なし

新しい社会福祉と理念―社会福祉の基礎構造改革とは何か

阿部 志郎

専門学校在学中、ちょうど国は「社会福祉基礎構造改革」を行った時期でした。『社会福祉事業法』が『社会福祉法』に変わった時期です。本書はその経緯を読者にわかりやすく教えてくれます。

図書館指定なし

聖書の読み方

加藤 常昭

20代前半で「うつ病」を発症し、今日、明日の自分がわからないなかで出会った本の一冊です。

図書館指定なし

日本の友へ―待ちつつ速めつつ

R.ボーレン

(R.ボーレン 著/加藤常昭 訳/教文館)本書に収められている第二部講演 説教の言葉。共に説教する教会の群れ-十二の命題。ぜひ共に読みましょう。

図書館指定なし

うつと気分障害 (幻冬舎新書)

岡田 尊司

本書より「なぜ、われわれ現在人は、これほど気分の落ち込みや波に悩まされるのだろうか」「気分によって、現在人は、行動を大きく左右され、生活はおろか命さえも危うくしている。」

図書館指定なし

未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ (講談社現代新書)

畑村 洋太郎

本書より「私が述べるのは、失敗学や危険学といったものをやってきた人間として、今回の震災に関連し、どんなことを考えてきたのか、そしてどんなことを考えているのかということを現時点でまとめたものです。」

図書館指定なし

大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版)

「アスペルガ―症候群」と診断された時、療育センターから勧められた本です。イラストでわかりやすく説明されているのが助かります」

図書館指定なし

アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

自身がアスペルガ―症候群と診断されてから、実際に書店に行って参考になると思って買いました。こちらもイラストでわかりやすく説明されているので助かります。

図書館指定なし

超巨大地震に迫る―日本列島で何が起きているのか (NHK出版新書 352)

大木 聖子

私にとっての「3月11日」の体験を大切にしつつ、震災直後の日本列島に何が起こったのか。地震大国、そして津波の実態を知る手掛かりにしています。

図書館指定なし

弱い自分を好きになる本 (朝日文庫)

香山リカ

本書(文庫本のためのまえがき)より 私は、この震災が起きてから、ずっとひとつのことを言い続けてきた。それは、「被災した、していないにかかわりなく、まず自分をケアしてあげて」ということだ。

図書館指定なし

若者のホンネ 平成生まれは何を考えているのか (朝日新書)

香山リカ

本書(まえがき)より 同じ若者とはいえ、「彼らの時代」と「私の時代」はいろいろな意味でまったく違うのだ。しかも、その時代、社会は必ずしも「明るく希望に満ちている」とは言いがたい。

図書館指定なし

絆ストレス 「つながりたい」という病 (青春新書INTELLIGENCE)

香山 リカ

本書(まえがき)より 大震災にショックを受け、心を痛めるのは人として当然のことだろう。 なぜ、「絆ストレス」が発生したのか。なぜ、それに苦しむ人たちが大勢いるのか。

図書館指定なし

どうして、他人とうまくやれないの?―アスペルガー・タイプの人間関係・仕事・生活術

司馬 理英子

本書 はじめに-適当にやっえといてといわれても、指示してくれなければ分からない。周りに合わせなさいっていわれても、段取りがヘタといわれても……。気づくと毎日クタクタ。

図書館指定なし

あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド

吉田 友子

本書の出版によせて 監修者のことば-本書ではまずアスペルガ―症候群の根柢にある特有の神経学的な特性についてわかりやすく説明されています。そして次に、アスペルガ―症候群の人が毎日の暮らしのなかで……

図書館指定なし

人間福祉の思想と実践

住谷 磬

誰もが利用者となりうる新しい福祉の時代を迎えたいま、「人間として」大切なもの、置き忘れてはならないものを問いかける。 -本書よりー

図書館指定なし

社会福祉と聖書―福祉の心を生きる

石居 正己

キリスト教主義施設と言いながら、そのキリスト教性は建前だけのことになってしまおうとすることもあります。他方、公的な関係からは、現在の状態の中でできるだけ公共性を持っていくように求められます。-本書より

図書館指定なし

置かれた場所で咲きなさい

渡辺 和子

人はどんな境遇でも輝ける どうしても咲けない時は、下へ下へと根をのばす つらい日々も、笑える日につながっているのです。-本書より-

図書館指定なし

面倒だから、しよう

渡辺 和子

毎日を新しく、ていねいに生きるために 幸せは、いつもあなたの心が決める “置かれた場所で咲く”には? 私の答えを一冊にまとめてみました-本書より-

図書館指定なし

災害と子どものこころ (集英社新書)

清水 將之

災害時、おとなは子どもをどう支えるべきか。児童精神科医ら専門家によるこころ支援のガイドライン。

図書館指定なし

悲しみの子どもたち―罪と病を背負って (集英社新書)

岡田 尊司

罪と病という二重の試練を背負った子どもたち。医療少年院で、精神科医として彼らと向かい合う著者が、多くのケースとの関わりを通じて、異常な行動の根底にある問題に迫っていく-本書より-

図書館指定なし

人間が生きる条件

ところで「人間が生きる条件」とは、戦争・災害・事故・病気・貧困など様々な状況のなかで問われる巨大テーマだ。本書は震災被災者の問題に絞りこんで、このテーマを考察しているが… -本書 はじめに-より

図書館指定なし

人間としてどう生きるか

渡辺 和子

たった一度の人生を輝かせるために。「人間として生きる」とはどういうことかを深く考察する講義録。

図書館指定なし

思い起こせ、キリストの真実を〈上〉

21歳で「うつ病」を発症してまもなく、聖書の言葉に聴くことができなくなった時、自身の給料でこの説教集を買いました。

図書館指定なし

思い起こせ、キリストの真実を〈下〉

21歳で「うつ病」を発症してまもなく、聖書の言葉に聴くことができなくなった時、自身の給料からこの説教集を買いました。

図書館指定なし

ハイデルベルク信仰問答講話〈上〉

加藤 常昭

ハイデルベルク信仰問答は、私どもに、今日の日本に生きる者としても聞くべき慰めを豊かに語ります。そして、私どもは私どもの言葉で、信仰を言い表すことを促されます。-本書 まえがき-より

図書館指定なし

ハイデルベルク信仰問答講話〈下〉

加藤 常昭

ハイデルベルク信仰問答は、私どもに、今日の日本に生きる者としても聞くべき慰めを豊かに語ります。そして、私どもは私どもの言葉で、信仰を言い表すことを促されます。-本書 まえがき-より

図書館指定なし

大統領が語るキリスト者人間像

ヨハネス ラウ

ドイツ語の原著の表題は、直訳すれば、『ポートレートで綴る歴史』とも言うべきものである。歴史を造る歩みをしたさまざまな人物の姿を、改革者ルターに始まり、現代に至るまで、尊敬と愛を込めて描き、物語っている

図書館指定なし

ぼくらの中の発達障害 (ちくまプリマー新書)

青木 省三

人とのやり取りが苦手だったり、こだわりが強かったり、発達障害とは病気なのだろうか? その原因や特徴、対処法などをよく知れば、誰のうちにもそれらがあることに気づくだろう。-本書より―

図書館指定なし

生きづらさはどこから来るか: 進化心理学で考える (ちくまプリマー新書)

石川 幹人

現代に生きる人びとが感じる生きづらさや環境に適応しようとして生じるストレス。そのような心の動きがなぜ起こるのだろう。進化心理学をヒントに、考えてみた。-本書より-

図書館指定なし

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)

下園壮太

体も心も酷使する現代社会。体の疲れはわかりやすくても、心の疲れは自覚しにくい。そしてある日突然、折れてしまう。

図書館指定なし

中高生のためのメンタル系サバイバルガイド

思春期以降の「こころ」と「からだ」の問題。知りたくても誰に聞けばよいのかわからない。恥ずかしくて質問できないと思っている若者の助けになります。

図書館指定なし

思春期の性-いま、何を、どう伝えるか

岩室紳也

若者の「性」に取り組んできた著者による、本質的な問題解決への提言。生きる力、関係性を育むために-本書より-

図書館指定なし

青年期の対人恐怖―自己試練の苦悩から人格成熟へ

福井 康之

自殺対策従事者であった頃、10代、20代の自殺が年々顕著に増加している現状を踏まえ、若者の「こころ」に何が起きているかを理解するために本書と出会いました。

図書館指定なし

生きなおす力 (新潮文庫)

柳田 邦男

授乳中にさえ母親の関心を赤ちゃんからそらしてしまうケータイなるものについて、何の疑いも抱かない。便利だし、たいくつをまぎらわしてくれるし、それがどうしていけないと言うのだろう。だが… -本書 p15-

図書館指定なし

人の痛みを感じる国家 (新潮文庫)

柳田 邦男

子どもたちがゲームやテレビやネットに熱中しているうちに、現実と向き合い、自分と周囲の人々や環境との関係を客観的に見る心が育つ機会を失ってしまうという時代傾向をつくり出したものは何だったのか。-本書より

図書館指定なし

自閉症スペクトラム障害――療育と対応を考える (岩波新書)

平岩 幹男

高機能自閉症(アスペルガ―症候群)および言葉の出ないカナ―型自閉症は、連続的な一つの障害、自閉症スペクトラム障害と考えられている。発達障害の一つであり、他の発達障害との合併もある。-本書より-

図書館指定なし

ギャンブル依存症 (生活人新書)

田辺 等

仕事からの逃避、多額の借金度重なるウソ、家庭の崩壊、そして人生の堕落。いつでも引き返せるという依存症者の心理の奥を探り、患者と家族で心身の回復を図る具体的治療法を紹介する渾身の問題作-本書より-

図書館指定なし

薬物依存の理解と援助―「故意に自分の健康を害する」症候群

松本 俊彦

特殊な病気。そう、確かに依存症は「病気」であり、もはやアルコールや薬物の摂取を自分の意志でコントロールすることができなくなってしまうという、いわば「お手上げ」の事態である。 -本書 はじめにp7-より

図書館指定なし

キリスト者と福祉の心

村山 幸輝

……彼らの言う「福祉の心」とは、〈神〉に出会って〈神〉を知る行為である。それは、十字架のイエスの償罪の苦悩を社会福祉対象に重ねみて、人々の生命を大切にすることである。-本書 まえがき-より

図書館指定なし

我が子の自殺のサインを読みとる―孤独な魂の叫び

ヘルガ ケスラー・ハイデ

自殺をするからには、潜在的な攻撃性というものがかなり高いレベルですでに存在しているに違いありません。」「他の人間に対する怒りと憎しみ。それが自殺の場合には自分自身に向けられるのです。-本書より-

図書館指定なし

自傷からの回復――隠された傷と向き合うとき

V・J・ターナー

〈彼らが切っているのは「皮膚」だけではない。彼らは皮膚と一緒に「つらい感情の記憶」も切り捨てて、「何もしなかった」ことにしている〉(解題より)自傷から回復した心理学者がつづる、真の回復と援助。

図書館指定なし

自傷と自殺―思春期における予防と介入の手引き

キース・ホートン他 著

「本書は、思春期・青年期にみられる自傷と自殺念慮の問題への知識と理解を深める目的で書かれたものである。」-本書 日本語版への序文 より-

図書館指定なし

医療者が知っておきたい自殺のリスクマネジメント

高橋 祥友

本書の最大の目的は、自殺予防が精神科だけの問題ではなく、医療従事者すべてがその予防のために大きな役割を果たしている点を強調することである。」-本書 初版の序 より-

図書館指定なし

思春期のこころと性―「故意に自分の健康を害する」症候群 (現代のエスプリ no. 509)

松本 俊彦

思春期の心性を論じた文献はそれこそ限りなく存在するが、本号の目的は、現代の思春期に何が起こっているか、あるいは、何が変化し、何が変化していないのか、といった点をつまびらかにすることである。-本書より-

図書館指定なし

こころの診療室

山中 正雄

病む人、苦しむ人のための「こころの主治医」 精神科医であり牧師である著者が、苦しむ人の寄り添いつつ、錯綜する「こころの糸」をやさしく解きほぐす-本書より-

図書館指定なし

今、こころを考える

斎藤 友紀雄

この本は、うつ状態で苦しんでいた時、心身の症状が落ち着かず、とにかく悩み苦しんでいた時に出会いました。著者の斎藤友紀雄先生が読者に寄り添う文書で語りかけます。

図書館指定なし

あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書)

岡田 尊司

完璧主義、依存、頑固、コンプレックスが強いといった身近な性向にも、異常心理に陥る落とし穴が。精神的破綻やトラブルから身を守り、ストレス社会をうまく乗り切るにはそうすればいいのか。-本書より-

図書館指定なし

うつ (患者と医療をつなぐ“プライマリケア”シリーズ)

高橋 祥友

こころの風邪「うつ病」を放置しておいて、こころの肺炎になってしまったら、命取りにもなりかねません。怖いのはうつ病にかかったことではなくて、それに気づかずに、放置しておくことなのです。(高橋祥友)

図書館指定なし

「心の病」なんかない。

大野 裕

うつ、不安、無気力、孤立感……に、もう苦しまない。 -本書-より

図書館指定なし

マルティン・ルター――ことばに生きた改革者 (岩波新書)

徳善 義和

キリスト教とは何か、宗教改革とは何かと考えるとき、問われているものは、突き詰めれば、人間の問題である。そして、いまこの問題を考えるとき、現代の人間にとって「ことばの回復」が、緊急かつ究極の課題だと思っ

図書館指定なし

主イエスの生涯〈上〉 (加藤常昭信仰講話)

加藤 常昭

心に刻む聖書のことば キリスト者の信仰は、主イエス・キリストとの生きた交わり以外の何ものでもない。福音書を中心に、聖書のことばを吟味しながらたどる主イエスの生涯。FEBC放送で語った信仰講話。

図書館指定なし

主イエスの生涯〈下〉 (加藤常昭信仰講話)

加藤 常昭

私どもを生かす聖書のことば 十字架と復活の出来事を通して主イエスの極限の愛が示された。闇から光へ、死からいのちへと、今も私どもを生かす主イエスの生涯をだどる。FEBC放送で好評の信仰講話。

図書館指定なし

主イエスの譬え話 (加藤常昭信仰講話)

加藤 常昭

主イエスご自身でなければ語りえない言葉がある。譬えでなければ伝わらない真理がある。私たちの人生を変え、恵みを伝える主イエスの譬え話。

図書館指定なし

主イエスに出会った人びと (加藤常昭信仰講話)

加藤 常昭

信仰のいのちは主イエスとの「出会い」そのものである。不信仰の中で、孤独の淵で、主イエスは私たちと出会って下さる。福音書の出来事が今を生きる私たちの出会いの出来事となる。

図書館指定なし

教会 (加藤常昭信仰講話)

加藤 常昭

「教会とは何か」。神を信じる信仰の仲間が形造る共同体としての教会に始まり、教会の様々な姿を聖書から学びながら、教会の本質を問う。

図書館指定なし

使徒信条・十戒・主の祈り〈上〉 (加藤常昭信仰講話)

加藤 常昭

聖書の真理を学ぶ 私たちはいったい何を信じ、どのように生き、どのように何を祈るのか。教派を越え、歴史を貫いて学ばれてきた「三要文」を通し、教理の基本を体得する。FEBCで語られた好評の信仰講話。

図書館指定なし

使徒信条・十戒・主の祈り〈下〉 (加藤常昭信仰講話)

加藤 常昭

信仰教育の基本である三要文「使徒信条」「十戒」「主の祈り」を説いた信仰入門書。上巻に続き「使徒信条」の末尾と「十戒」、「主の祈り」の全講解。使徒必読の書。

図書館指定なし

光の降誕祭―20世紀クリスマス名説教集

近代ヨーロッパの崩壊の予感を示すブルームハルトの十九世紀末の説教に始まり、第二次大戦末期、国土の廃墟を目の当たりにしながら語るイーヴァントや、同じ降誕祭のときに、強制収容所で語るニーメラーなどの説教。

ネット世代の若者 生きる意欲を失っているあなたにオススメ

私が「うつ病」を発症してから出会った本は数多くあります。
ぜひ、実際に本を手にとって読んでください。
読書を楽しむことで、こころが変わります。内なる自分が変えられていきます。
ぜひ、読書をする時間を持ってください。テレビ、インターネットから離れた時間が必要です。

12人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:2219回、公開:2014/05/11

レシピの感想を書く

書いた人 : kokoro2014さん

読書嫌いの私が、専門学校在学中に読んだ一冊の本に感動しました。その後、読書が趣味で、どこに外出する時も文庫本ンをかばんに入れて出かけています。

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む