図書館じゃないと読めない!?幻の名作冒険小説

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

アラスカ戦線〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)

ハンス=オットー・マイスナー

アラスカの原野でアメリカ軍と日本軍が決死のサバイバル攻防戦を繰り広げる…でも、作者はドイツ人…ホントに止まりません。

図書館指定なし

高い砦 (ハヤカワ文庫NV)

デズモンド バグリィ

アンデスの山中に不時着し生存をかけたサバイバル!しかも謎の追っ手に攻撃を受ける…時々、深呼吸しましょう。

図書館指定なし

スノー・タイガー (1981年) (Hayakawa novels)

デズモンド・バグリイ

雪崩は予測できたのか…細かい描写が迫真の人間ドラマを描き出す…レシピ激寒三部作

図書館指定なし

ハリケーン (ハヤカワ文庫 NV (376))

デズモンド・バグリイ

今度は一気にカリブ海。でも、のどかにリゾートは楽しめない!今度は嵐かー!!

図書館指定なし

ヘンドリックスの遺産 (ハヤカワ文庫NV)

デズモンド バグリイ

どんどん暑くなってます。 こちらはケニアが舞台のシリーズもの

図書館指定なし

もっとも危険なゲーム (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18-2))

ギャビン・ライアル

水陸両用機パイロットで元秘密機関員の男が北欧を舞台に繰り広げる、先の読めない冒険アクション

図書館指定なし

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))

ギャビン・ライアル

男のロマンだねぇ…どこかで見た気のする男、きっと皆この本に影響を受けているのに違いない。

人世が平凡で退屈だ…と思う人にオススメ

スパイ映画や小説が巷に横行して、なんかあんまりワクワクしない。そんな事を話したら「とにかくこれを読め!」と旦那に薦められた冒険アクション小説たち。

昨今、失われつつある正義感や倫理観が力強い。
時々、悪者が正しくやっつけられる時代劇にスッキリするような、昔の小説でありながら勢いを失わない名作の数々です。

3人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:1007回、公開:2016/12/02

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む