カーリル

高畑耕治詩集

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

詩集・銀河、ふりしきる

詩集 こころうた こころ絵ほん

さようなら (21世紀詩人叢書)

高畑耕治

高畑 耕治

高畑 耕治

詩はふりしきる銀河です。宇宙に、時空に、死と生に、生きもののあいだ、ひととひととのあいだに、輝き響き流れゆく、生まれ死に、生まれ変わりめぐりゆく、ひとの、心の、美しく愛(かな)しい銀河です。

あいのうた、優しさの花、こころうた、愛と祈りの星魂の花、愛しい瞳、子どもやってん、こころ絵ほん、愛(かな)、こころを込めて、全9章。

21世紀詩人叢書25。日本詩人クラブ新人賞最終候補作品。

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

愛のうたの絵ほん―高畑耕治詩集

愛(かな)―高畑耕治詩集

海にゆれる―高畑耕治詩集

高畑 耕治

高畑 耕治

高畑 耕治

潮騒にとどくよう、そして愛するひとたちの声、こころに響きつづけるなつかしい声、かなしい声と響きあえるよう、物語をつむいでいきたい…。あたたかな詩の絵本。

現実と非現実とが震える愛で織り込まれていく。それは無垢な愛への回帰願望であろう。蜩やみみずや花火や肉親らが、詩人の魂の中でいのちを開いている。 全国学校図書館協議会選定図書

直接的に対象を言語化することより、心の音を文字記号に映し出す技法を用いた、現実意識をすっかり浄化し生まれでた純粋なメルヘン世界、激しい愛への希求を願った詩篇。

詩が好きな人にオススメ

詩がやっぱり好きだと感じて頂けたらうれしいです。
① 詩ってなに? 
こころのうた、感動の言葉による表現。ああ。
② なぜ書くのか?
書かずにはいられないから書いていること。
生きているから、生まれてきた感動があるから、伝えずにはいられない、核となる感動が源にあること。
③ なにを書くのか?
生きる意味を考え問いかけていること。
愛、おもいやり、人情があること。
センチメンタル、感情ゆたかであること。
社会批評性。ともに生きている人の声を、不正に折れず、発すること。
④ どのように書くのか?
言葉の意味を捨てていないこと。題詠でなく暗喩遊戯でないこと。
詩語も、詩句も、詩連も、詩そのもの、詩集構成全体の、つながり、断絶、流れの変化で、
詩を、心を、伝えようとしていること。
美しい言葉、響き、うたであること。
くりかえし、リズム、語の音、韻の繊細さ、強弱を感じとれる感性を持っていること。
言葉の歴史、文学の伝統を大切にしていること。文学が好き、和歌も、短歌も、俳句も、文楽も、言葉による心の表現に学んでいること。

現代詩人は、詩も進歩するものであるべきだと、現代社会のスピード変化と同期しなければならないと、見え隠れする信念を抱いていますが、私は詩は昔も今も変わらない、人としての心の表現だから、共感し感動するのだし、すべて進歩よしと押し付ける世の中にあって、進歩しないことが詩の生命だと考えています。表現の技巧の探究は芸術家として当然することだけれど、進歩ではありません。
誰もが裸の赤ん坊として産声をあげるように、詩もひとりの初めての産声です。進歩ではありません。
私は現代詩がつまらなければ、もっと深い感動を与えてくれる古典を大切に感じとるほうが良いと思います。生きること、いのちを感じとれる感受性、心は、衰えてしまっているかもしれません。謙虚にみつめたほうが、よいと思います。

4人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:345回、公開:2017/04/08

レシピの感想を書く

▶Twitter上のコメント

コメントの中にレシピのアドレスを残してね

書いた人 : 高畑耕治さん

詩集『銀河、ふりしきる』『こころうた こころ絵ほん』(イーフェニックス ) 。『さようなら』 『愛のうたの絵ほん』『愛(かな)』『 海にゆれる』(土曜美術社出版販売)。『死と生の交わり』(批評社)。
ホームページ:愛のうたの絵ほん ainoutanoehon.jp ブログ:愛(かな)しい詩歌。1963年生まれ大阪・四條畷出身。

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む