もし、こんな職業だったらなぁと想像する本

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

旅屋おかえり (集英社文芸単行本)

原田マハ

旅番組のタレントから、様々な理由で自ら行くことの出来ない旅を代行する「旅屋」 軽快な文章でありながら、ホロリと泣かせる物語。

図書館指定なし

蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

漆原 友紀

漫画ですが…人に取り付き人生を揺るがせるような奇怪な出来事を引き起こす蟲を払う「蟲師」 満員電車の中とかで時々「この人、怪しい蟲につかれてるのでは…」なんて思うようになりました。

図書館指定なし

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

三浦しをん

将来に何の希望もなかった高校生が強制的に就かされた職業は「木こり」 林業という仕事について、人間性や伝統を学んでいく青春小説。

図書館指定なし

月魚 (角川文庫)

三浦 しをん

憧れの職業「古本屋」 この世に一冊しかない幻の本を手にしたことで、運命を背負う二人の少年の物語。 ビブリア古書店より、私はこちらの無窮堂の方が好み。

図書館指定なし

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

小川 糸

貴方のためだけに特別な御馳走をつくる「食堂」、心を癒す魔法の料理人 「食べる」ということを改めて考えさせてくれる本

図書館指定なし

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)

誉田 哲也

超能力で未解決事件を解決するアメリカ人「透視能力者の通訳」をすることになったヒロインが体験する人生の転換点。 事件はかなりグロテスクなので要注意

図書館指定なし

増山超能力師事務所

誉田 哲也

超能力が才能の1つと認められ資格として確立されたことで現れた「超能力師」達が営む「探偵事務所」 能力を使ってもままならない人間模様に立ち向かう。

図書館指定なし

先生、モモンガの風呂に入ってください!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

小林 朋道

「動物行動学者」そんな職業に就けたら面白い人生を歩めそうだなぁ…と羨ましくなる本。 身近な生き物とチョツトとぼけた先生と生徒たちが巻き起こす面白事件簿

図書館指定なし

ふくわらい

西 加奈子

世界の秘境を旅する「冒険紀行小説家」の父に育てられ、壮絶な体験をしながら大人になった娘は「編集者」の道を選ぶ。 超個性的な「小説家」に寄り添いながら実は誰よりも強く個性的な自分に気付いてゆく主人公の物語

平凡な大人になってしまったなぁと溜め息をつく人にオススメ

淡々と平凡な毎日を送っていると、時折ドーンと違う世界に逃避したくなる。
冒険紀行小説家、古本屋、木こりetc.
もし、私がこんな職業に就いていたら…と考えると楽しかったり、いやいや平凡が一番ですよ…と考え直したりする本を集めてみました。

17人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:2444回、公開:2014/01/20

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む