人とつながる3冊

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

山田 ズーニー

話が通じる五原則 1.自分のメディア力 2.相手にとって自分とは 3.一番言いたいこと 4.言いたいことの理由 5.自分の根っこの想いに誠実に

図書館指定なし

質問力 ちくま文庫(さ-28-1)

斎藤 孝

相互理解を深めるために、どんな風に質問していけばよいか

図書館指定なし

悩む力 (集英社新書 444C)

姜 尚中

繋がる方法を、真面目に自分で悩み、つかむ。 まず自分が相手を、相手が自分を承認する。 そこからもらった力で、自分が自分として生きる。

より多くの人と、心から通じあいたい人にオススメ

人との関係の基礎にあるのは「情」だと思う。
想いの連鎖には、コミュニケーションが不可欠。
「わかってほしい」ではなく、「わかってあげたい」との姿勢が、
相手と自分の間に、信頼の架け橋を築く。
「助けてほしい」なら「助けてあげる」のではなく「助ける」。
相手が「助けてほしくない」なら、「助けない」。だけど、見守る。
全ては本気で、相手のために。
これらの本からは、徹底した「相手への深い愛情」を感じる。
そう、やっぱり関係の基礎は「情」にある。

28人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:1496回、公開:2010/10/16

レシピの感想を書く

書いた人 : minsaさん

社内翻訳チェッカー(英日、日英)、環境NGO運営、旅好き、音楽(洋楽)好き、自然と映画、絵画他アートをこよなく愛する、好奇心の固まり。

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む