人生の機微を知っている女性たち

を探しています ⇒変更する

高峰秀子の流儀

斎藤 明美

女優であり、エッセイストでもあった高峰秀子。まっすぐとしたその姿勢には、まっすぐとした考え方の筋が表れているよう。 「~しない」という少し寂しく厳しいように思える章には、キリっとさせられます。

わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!

兼高 かおる

1959年~1990年まで放送されていた番組「兼高かおる世界の旅」そこで訪れた国は150か国。移動距離にして地球180周分!! 人生そのものを旅と重ねる著者から学ぶことがたくさんです。

好奇心ガール、いま97歳

笹本 恒子

日本人初の女性報道写真家。なんといってもアクティブ!そして、“ガール”という言葉が似合うかわいらしさ。毎晩、ひとり山の手のマンションで、1杯の赤ワインを嗜む97歳。

かっこいいおばあちゃんに憧れる人にオススメ

「四十になったら、自分の顔に責任を持て」なんて言葉があるが、
どんどんと年をとるにつれて、顔だけでなく、体の中にも『自分』が層となって積み重なっていく気がする。
そして、やがてはその人を包む空気にもなるような。

ここに紹介した女性たちは、素敵に時間を重ねた人ばかり。
憧れる人たちの香りやアンテナに触れて、シャンと背筋を伸ばしてみよう。

19人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:2437回、公開:2011/11/07

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む