Amazonへ


中古あり ¥427より

(2020/04/04 03:39:07時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

小田嶋隆のコラム道

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: オダジマ タカシ ノ コラムドウ
出版社: ミシマ社
単行本(ソフトカバー): 256 ページ / 1.6 x 12.8 x 18.8 cm
ISBN-10: 4903908356  ISBN-13: 9784903908359  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 816

紹介

深遠かつ実用的、抱腹絶倒間違いなし。天才コラムニスト、本業を初めて語る!
足掛け5年、ミシマ社ホームページ及び「ミシマガジン」に掲載された人気連載「コラム道」、ついに書籍化。
深遠かつ実用的、抱腹絶倒間違いなし。天才コラムニスト、本業を初めて語る!

「コラムは、道であって、到達点ではない。だから、コラムを制作する者は、方法でなく、態度を身につけなければならない。」
「(コラムの)書き出しに芸はいらないのである。」
「さよう。コラムは、メモとはまったく別の地点に着地することが多い。」
「「乗れている時は読み直すな」というポイントも、実は、「〆切」によってもたらされる」
……書き出し、オチ、文体と主語、裏を見る眼…天才コラムニストによる「超絶!文章術」。

内田樹氏との夢の対談も収録。

目次

PART1
第一回 コラム道に至る隘路
第二回 コラムとは何か
第三回 コラムと枠組み
第四回 会話はコラムの逃げ道か
第五回 モチベーションこそ才能なり
第六回 書き出しについてのあれこれ
第七回 結末、結語、落ち、余韻、着地
第八回 コラムにメモはいらない・
第九回 文体と主語(その1)
第十回 文体と主語(その2)
第十一回 推敲について
PART2
第十二回 すべては要約からはじまる
第十三回 裏を見る眼
第十四回 長さとコラム
特別対談 小田嶋隆×内田樹

前書きなど

なんだかわからないけど、めちゃめちゃおもしろい!!
天才コラムニストが初めて本業を語った、
笑えて深遠、奇跡のコラム論。
powered by openBD
ほかのサービスで見る