Amazonへ


中古あり ¥1,280より

(2020/03/30 05:37:45時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ディアーナの水浴

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ディアーナ ノ スイヨク
出版社: 水声社
単行本: 118 ページ
ISBN-10: 4891764732  ISBN-13: 9784891764739  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 164.32

紹介

ディアーナ(アルテミス)の水浴する裸身を盗み見たゆえに鹿に変えられ、自分の猟犬たちに噛み裂かれてしまうアクタイオーン-この神話の注釈の形をとった本書は、クロソフスキーの他の諸著、とりわけ小説作品の解読の鍵を秘めている。「ディアーナは神々と人間との中間にいる守護霊と盟約を結んで、アクタイオーンに顕われる。ダイモンは空気のような身体によって、ディアーナのテオファニーの模像となり、アクタイオーンに女神を所有しようという向こう見ずな欲望と希望を吹きこむ。ダイモンはアクタイオーンの想像となり、ディアーナの鏡となるのである。」鹿に化しつつあるアクタイオーンにディアーナが投げたという挑発の言葉-「さあ語れ、衣を脱ぎすてたわたしを見たと、もしお前にできるものなら、してみるがよい」、神話の中のアクタイオーンには答えるすべもなかったこの言葉に、もう一人の瞑想するアクタイオーンであるクロソフスキーが答えた言葉、それがこの本である。
powered by openBD
ほかのサービスで見る