Amazonへ


中古あり ¥3,542より

(2020/04/02 19:42:59時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

プレイセラピー入門──未来へと希望をつなぐアプローチ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: プレイ セラピー ニュウモン : ミライ エト キボウ オ ツナグ アプローチ
出版社: 遠見書房
単行本(ソフトカバー): 236 ページ
ISBN-10: 4866160934  ISBN-13: 9784866160931  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 146.82

紹介

「子どもの心理療法に関わる人には,必ず手に取って読んで欲しい」児童精神科医 田中康雄先生,絶賛!
プレイセラピーは効果があるのでしょうか? プレイセラピーの目標や理念は,本来はどこにあるべきなのでしょうか? 子どもと遊ぶことだけを主眼に置いていないでしょうか?
この本は,有効な心理療法と子どもの遊びを求め,実践してきた著者による新しいプレイセラピーの入門のための1冊です。プレイセラピーの考え方や,セラピーを効果的なものにする注意点,子どもとの心理療法を行うときに大切なポイントなど,盛沢山のことが描かれています。
プレイセラピーについて知りたい初学者や,自分がやっていることに自信がない臨床家,新しい知見を求めるベテランたちなど,多くの人に読んでもらいたい1冊です。

目次

第1章 プレイセラピー再考
第2章 なぜ,今,あえてプレイセラピーなのか? ──現代社会とプレイセラピー──
第3章 プレイセラピーの本質──出会いと別れ,そして成長──
第4章 プレイセラピーの時空間をめぐって
第5章 プレイセラピーの「遊び」の意味を捉えなおす
第6章 プレイセラピーにおける体験の共有とことば以前の心のつながり
第7章 子どもを遊びに導く「何か」とは何か
第8章 効果的な心理療法としてのプレイセラピーの実践(1)―─場面緘黙児に対する治療的アプローチ──
第9章 効果的な心理療法としてのプレイセラピーの実践(2)―─発達障害児に対する「構造化プレイセラピー」―─
第10章 発達障害児へのグループセラピーの実践
最終章 プレイセラピーにおける「家」表現──事例研究──
付章 子どもの心理療法における初回面接(インテーク)の進め方とコツ
powered by openBD
ほかのサービスで見る