STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,283より

(2020/04/10 06:24:58時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

なぜ、人は操られ支配されるのか

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ナゼ ヒト ワ アヤツラレ シハイ サレル ノカ
出版社: さくら舎
単行本(ソフトカバー): 224 ページ / 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 486581213X  ISBN-13: 9784865812138  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 361.4

紹介

人の心は脆く、善悪は簡単にひっくり返る。悪徳商法からオウム、尼崎事件まで、人を操り支配する邪悪な心理テクニックと対処法を解説
誠実な人ほど操られやすい!

騙されるとき、人は思考停止になり、心が支配されている。心を操るテクニックがマインド・コントロールだ。人の心は弱く、簡単にひっくり返る。「自分は大丈夫」と思っていても、不意打ちをされたり集団の中に入れられれば、誰でも正常な判断ができなくなる。いまは詐欺や悪質商法だけでなく、企業、家庭、学校、SNSでも操りと支配が横行している。カリスマに頼りたい心が支配を招く。その最たるものがオウム真理教事件や尼崎連続変死事件などのカルトである。

オウム事件などの心理鑑定人もつとめた心理学者が、心を支配するテクニックと対処法を明かす!「信じる・信じない」のしくみ、ミルグラムの服従実験、洗脳プログラムなど、興味深い事例も盛り込んだ。不安や依存は「支配される」の第一歩。誰もが操られ支配される危険に満ちた現代に警鐘を鳴らす!

目次

プロローグ あなたは支配されやすいか!?
第1章 人はラクをしたい生き物
第2章 なぜ騙されるのか
第3章 支配されやすくなってきているのか
第4章 人を支配するテクニックの恐怖
第5章 「人間支配」の事件はなぜ起きたか
エピローグ 自分を見失わないために
powered by openBD
ほかのサービスで見る