Amazonへ


中古あり ¥1,455より

(2020/04/01 05:58:40時点)

ドイツ連邦戦車開発小史

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ドイツ レンポウ センシャ カイハツ ショウシ
出版社: イカロス出版
単行本(ソフトカバー): 198 ページ
ISBN-10: 4863207573  ISBN-13: 9784863207578  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 559.4

紹介

本書では、レオパルト1からKPz70(独米の戦車共同開発計画)を経てレオパルト2に至るドイツ戦車の開発を追うが、その過程で計画された数々の計画車両に特に力点を置いて解説する。一見すると珍奇な外観が目を引く計画車両群だが、これは砲塔を備えた戦車の構造上の限界を超える高性能を達成するため。設計思想をよくよく見ると、時代背景に則した理由があるのだ…!特殊すぎるメリットを追うあまり、結構なデメリットがもたらされ、不採用に終わった計画車両群。本書は歴史の流れに埋もれた、興味深い不採用戦車たちを取り上げる解説書である。ケモノ耳もあるよっ!

目次

1章 レオパルト1
2章 KPz70
3章 レオパルト2の開発
4章 レオパルト2の改修
5章 DRK
6章 頭上砲戦車
7章 輸出用戦車
powered by openBD
ほかのサービスで見る