Amazonへ


中古あり ¥2,124より

(2020/04/07 04:10:39時点)

ヴィクトリア朝怪異譚

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヴィクトリアチョウ カイイタン
出版社: 作品社
単行本: 331 ページ
ISBN-10: 4861827116  ISBN-13: 9784861827112  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 933.68

紹介

日本への紹介が少なく、読み応えのある中篇幽霊物語四作品を精選して集成!
イタリアで客死した叔父の亡骸を捜す青年、予知能力と読心能力を持つ男の生涯、先々代の当主の亡霊に死を予告された男、養女への遺言状を隠したまま落命した老貴婦人の苦悩。
日本への紹介が少なく、読み応えのある中篇幽霊物語四作品を精選して集成!

一八六〇年代には今日のミステリやスリラー小説の源流になったと目される作品が次々と出版され、また、怪奇小説、恐怖小説の分野で優れた作品が数多く発表されたのもこの時代であった。内容的に長い話にはしにくかった恐怖小説は中短篇が主体で、特にクリスマスの時期になると、各雑誌が競って幽霊物語を掲載し、当時の文壇の大御所であった作家も好んで幽霊譚を寄稿した。比較的長い物語の場合、優れた作品でありながら、選集に収録するには長すぎるし、かといって、それ一作を単行本として刊行するには短かすぎる、ということで、あまり日の目を見ずにきたという作品もかなりある。本書では、そうした長めの怪異譚の中から、読み応えのある力作で、かつ、日本の読者にはあまり馴染みがない作品を四篇選び、これまでにない趣のアンソロジーの編纂を試みた。――三馬志伸「解題」より

目次

ウィルキー・コリンズ「狂気のマンクトン」(1855)
ジョージ・エリオット「剝がれたベール」(1859)
メアリ・エリザベス・ブラッドン「クライトン・アビー」(1871)
マーガレット・オリファント「老貴婦人」(1884)
訳註
訳者解題
powered by openBD
ほかのサービスで見る