Amazonへ


中古あり ¥4,696より

(2020/03/29 12:58:02時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

日本不動産業史―産業形成からポストバブル期まで

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ニホン フドウサンギョウシ : サンギョウ ケイセイ カラ ポスト バブルキ マデ
出版社: 名古屋大学出版会
単行本: 402 ページ
ISBN-10: 4815805687  ISBN-13: 9784815805685  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 673.99

紹介

日本の都市景観を形成し、産業インフラの提供からバブルまで、日本の経済活動に大きな影響を与え続けた重要産業の全体像を、都市・住宅開発から埋立や農地転換、法制度、金融制度も視野に、鮮明に描き出す。従来見落とされてきた不動産業の軌跡を初めて総合的に捉えた画期的通史。

目次

序章 不動産業の史的研究
第1章 資本主義の形成と不動産業:江戸期/1867‐1913
第2章 都市化・重化学工業化と不動産業の展開:1914‐1936
第3章 経済統制と不動産業への影響:1937‐1951
第4章 高度成長と不動産業の発展:1952‐1973
第5章 土地神話と不動産業の変転:1974‐2004
終章 日本不動産業発展の軌跡と針路
powered by openBD
ほかのサービスで見る