Amazonへ


中古あり ¥2より

(2020/03/29 10:05:55時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

いのちの体操 ~ 「きくち体操」奇跡の実例 (宝島社新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: イノチ ノ タイソウ : キクチ タイソウ キセキ ノ ジツレイ
出版社: 宝島社
新書: 188 ページ
ISBN-10: 4800214211  ISBN-13: 9784800214218  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 498.3

紹介

体操教室でありながら「きくち体操」には、がん、パーキンソン病、脳腫瘍、糖尿病、心臓病、脳性まひ、リウマチ…など、多くの重病人が訪れている。ここには、大病院の医師にすら「もう、あきらめてください」とさじを投げられた患者たちが命をつなぎ、健康な体を取り戻すという、奇跡の数々があった。本書では、テレビ、ラジオ、雑誌など、メディアで話題沸騰中の「きくち体操」創始者・菊池和子と、大病を克服した人たちの歩みを紹介する。また、弘前大学名誉教授・今充医師との対談も収録。数多くの"奇跡"の根底となる、「きくち体操」の効果をここに明らかにする。

目次

第1章 いのちの体操(いのちとは何か?
2歳のときに負った大やけど ほか)
第2章 医師に見放された人たち(薬を飲まずに190を超える高血圧が改善、合併症寸前の糖尿病も治った!
自力では歩けなかったパーキンソン病が見違えるように回復した ほか)
第3章 がん・腫瘍を克服した人たち(きくち体操を日常化することで肺がんを克服し、すべての数値が若返った!
2度のがん経験を乗り越え、明るくおしゃれな老後を目指す! ほか)
第4章 全身がよみがえる「自分でできる基本の4つの動き」(基本の動きで効果を実感してください
体操ができない理由をつくらない ほか)
第5章 医師の目から見たきくち体操-医学博士・今充×菊池和子対談(医師がさじを投げた患者がきくち体操で回復する理由
高血圧や糖尿病患者の数値が改善する ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る