Amazonへ


中古あり ¥27より

(2020/03/29 10:06:43時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ブレードランナー証言録 (インターナショナル新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ブレード ランナー ショウゲンロク
出版社: 集英社インターナショナル
新書: 176 ページ / 10.6 x 1.0 x 17.3 cm
ISBN-10: 4797680393  ISBN-13: 9784797680393  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 778.253

紹介

映画『ブレードランナー』シリーズのクリエーターたちに独占インタビューを敢行。SF映画の概念を変えた傑作の誕生秘話や制作裏話など、知られざる真実が明らかに。舞台となった2019年に緊急発売!
『ブレードランナー証言録』Amazon

映画『ブレードランナー』の舞台となった2019年に緊急発売!

SF映画の概念を変えた『ブレードランナー』シリーズの製作に深く関わった、
脚本家、アニメーション監督、批評家の四人への独占インタビューを収録。
映画誕生秘話や製作裏話など、知られざるエピソードが満載。
「デッカードはレプリカントか人間か?」「フィリップ・K・ディックの原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の影響」など、疑問、定説、伝説を徹底的に追究する。

【内容】
第一章 『ブレードランナー』を生み出した俳優・脚本家 ハンプトン・ファンチャー
ブレードランナーとノワール/デッカードはレプリカントか?/ドィニ・ヴィルヌーヴは天才だ/フィリップ・K・ディックを探して/映画は原作とはまったくの別ものだetc.

第二章 続編『ブレードランナー2049』の脚本家 マイケル・グリーン
『2049』のエンディングは脚本通りだ/SFの悪党がロール・モデルになるとき/レプリカントの人間性/ブレードランナーは進化する作品だ/Kのキャラクターはライアン・ゴズリングしかいない/リドリー・スコットと『2049』etc.

第三章 短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』の監督 渡辺信一郎
『ブレードランナー』は現実に感じられた/詩から発展する映画/『2049』製作現場で目にした光景/『ブラックアウト 2022』が生まれるまで/ハリウッドの洗礼etc.

第四章 『メイキング・オブ・ブレードランナー』の著者 ポール・M・サモン
『2049』は綱渡り的な作品だ/スピンオフは素晴らしいマーケティング戦略だ/売り上げの数字は嘘っぱちだ/時代を先取りしすぎた『ブレードランナー』/ハリソン・フォードはハリウッドでも最高に知的な人物だ/バンド・デシネの影響/AIは人類にとって危険なものになりうる/グローバリゼーションへの警告etc.

解説 中条省平(フランス文学者、学習院大学文学部教授)

編・訳者プロフィール
大野 和基(おおの かずもと)
国際ジャーナリスト。1955年、兵庫県生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。現在、医療問題から経済まで幅広い分野に関して世界中で取材を行う。『英語の品格』(ロッシェル・カップとの共著/インターナショナル新書)、『代理出産―生殖ビジネスと命の尊厳』(集英社新書)などの著書、『お金の流れで読む 日本と世界の未来』(ジム・ロジャーズ/PHP新書)などの訳書がある。














powered by openBD
ほかのサービスで見る