Amazonへ


中古あり ¥700より

(2020/03/29 07:02:43時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ライトノベル・スタディーズ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ライト ノベル スタディーズ
出版社: 青弓社
単行本: 319 ページ
ISBN-10: 4787292161  ISBN-13: 9784787292162  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 910.264

紹介

アニメ・漫画・映画・文学にも大きな影響を与え続けるライトノベル。ラノベの過去から現在までを押さえたうえで、ジャンルを越境するラノベの可能性やより深い作品読解を大胆に提示する。海外ラノベ事情を紹介するコラムや年…
アニメ・漫画・映画・文学にも大きな影響を与え続けるライトノベル。ラノベの過去から現在までを押さえたうえで、ジャンルを越境するラノベの可能性やより深い作品読解を大胆に提示する。海外ラノベ事情を紹介するコラムや年表も所収するラノベ研究入門書。

目次

はじめに 一柳廣孝

第1部 ライトノベルの過去と現在

キャラクターの神話――ゼロ年代ライトノベルの可能性 大橋崇行
 1 キャラクター化する一般文芸
 2 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』の表現とキャラクター像
 3 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』における「嘘」
 4 キャラクターの神話
 5 「データベース理論」を越えるライトノベル

「ラノベらしさ」と「世界」と「趣向」――ジャンル小説として読むライトノベル 飯倉義之
 1 ラノベ、「享受」と「研究」の溝
 2 「ラノベ論に適さない」ラノベ――日日日『狂乱家族日記』
 3 「世界」と「趣向」と「ラノベ性」
 4 エンタテインメントの常道としての〈世界〉と〈趣向〉の組み合わせ

ライトノベル史再考――『聖エルザクルセイダーズ』に見る黎明期の様相から 山中智省
 1 一九八〇年代後半から九〇年代初頭は《ファンタジーの時代》?
 2 「コンプティーク」発の二作品――『ロードス島戦記』と『聖エルザクルセイダーズ』
 3 物語を要求するキャラクターの存在
 4 アニメノベライズを経由した「キャラ立ちする」モチーフの摂取
 5 ライトノベル史研究のこれから

トラブルとしてのセクシュアリティ――〈男の娘〉表象と少女コミュニティ志向 久米依子
 1 制度内存在としての〈男装の麗人〉
 2 代替少女型の〈男の娘〉の役割
 3 〈男の娘〉とセクシュアルファンタジー
 4 少女コミュニティ志向とミサンドリー(男性嫌悪)

コラム ライトノベルの英語翻訳 平石祐哉/太田 睦
 
第2部 越境するライトノベル
 
再創造されるライトノベル――橋本紡『半分の月がのぼる空』表現論 大島丈志
 1 バージョンとしての『半分の月がのぼる空』――「ライトノベル版」から「一般文芸版」へ
 2 「アニソン」から「演歌」へ――饒舌な語り
 3 近・現代文学作品の引用とその異同

バカとテストと教育論調――教育への抵抗/再生産される教育 山村亮仁
 1 『バカテス』の教育システム
 2 教育への抵抗
 3 再生産される教育

ライトノベルが「子どもの読み物」になるとき――「児童文庫」をめぐって 犬亦保明
 1 「児童文庫」とライトノベルという「ジャンル」
 2 「児童文庫」の変遷
 3 ライトノベルが児童書になるとき

ライトノベルの錬金術――テキストとイラストが織り成すモザイク 佐藤ちひろ
 1 テキストとイラストのモザイク――ライトノベルの基本構成
 2 役者と舞台――涼宮ハルヒの増殖、キノが駆ける世界
 3 フィルタリングされるテキスト――ハーレム化する電波女、箱庭のグリム
 4 変容するテクスト――両輪としてのイラストとテキスト

春来たる死神は幾度もやってくる――桜庭一樹『GOSICK』の復活劇 山口直彦
 1 『GOSICK』がたどった道のり――『GOSICK』の誕生から中断まで
 2 小説版GOSICKの変遷
 3 アニメ化

コラム 韓国のライトノベル受容過程とその特徴 田泰昊

コラム 台湾・中国の軽小説 太田 睦

第3部 ライトノベルを読む

キャラクターとしての都市伝説――『あなたの街の都市伝鬼!』を中心に 一柳廣孝
 1 民俗学というパラダイム
 2 書物を編纂する

〈文化〉再創造のユートピア――甲田学人『Missing』における〈知識〉の摂取と再生産を例に 大道晴香
 1 『Missing』における〈知識〉の実態
 2 『Missing』の世界観
 3 〈知識〉を喰らう「異界」――「見立て」という戦略

「物語」の誕生――上遠野浩平『ブギーポップ』シリーズにおける「幻想」の問題 井上乃武
 1 「青春の悩み」の象徴としての曖昧な「幻想」――『ブギーポップは笑わない』
 2 虚構世界の変容――「合成人間・MPLSの物語」
 3 「物語」の誕生――『ヴァルプルギスの後悔』

「本当の友達」の行方――『僕は友達が少ない』に見る虚構と解放 良野 通
 1 相対化の不在――「残念」であること
 2 虚構としての理想――「本当の友達」の不在
 3 虚構化される現実――隣人部の活動

テクストの歴史性――『涼宮ハルヒ』を視座に 樋渡隆浩
 1 言語的存在
 2 『ハルヒ』の言説
 3 物語の/物語への回帰

コラム 文学史上の”事件”――筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』 杉本未来

コラム ヨーロッパのライトノベル 太田 睦

資料篇

ライトノベル作品群の統計解析 太田 睦/山口直彦/山川知玄
 1 研究動機と方法
 2 ライトノベル作品群と対照群の選定
 3 指標の選定
 4 統計解析結果

参考文献一覧 山中智省

おわりに 久米依子

本書で取り上げた作品一覧(ライトノベル以外も含む) 山中智省

ライトノベル関連年表――二〇〇九―一三年 山中智省
powered by openBD
ほかのサービスで見る