Amazonへ


中古あり ¥1,400より

(2020/04/01 20:51:23時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

“景観”を再考する (青弓社ライブラリー)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ケイカン オ サイコウ スル
出版社: 青弓社
単行本: 256 ページ
ISBN-10: 4787232339  ISBN-13: 9784787232335  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 290.13
TRCMARC No: 04037479

紹介

戦後日本で、経済優先の都市開発が生み出した無味乾燥な〈景観〉を私たちはどのように内面化してきたのか。生活者の主体性を排した都市計画や、理念への羨望と現実への絶望の間で循環する議論を回避して、近代日本での〈景観〉の形成とその受容の過程をたどる。

目次

はじめに 金子 淳第1章 経済発展と荒廃する景観 松原隆一郎 1 景観は何によってできているのか──経済の観点から 2 事例  3 「都市再生」という名の景観破壊 4 曙光 5 質問に答えて第2章 近代日本における風景論の系譜 荒山正彦 1 風景論の系譜とは何か 2 志賀重昂『日本風景論』をめぐって 3 風景のリスト 4 国立公園制度のもとで語られる風景論 5 日本新八景による郷土風景の誕生 6 植民地の風景論へ──まとめにかえて第3章 近代日本の風景意識 佐藤健二 1 今日の「風景意識」の特質 2 認識を深めるためのいくつかの論点第4章 都市の景観/郊外の景観 若林幹夫 1 景観と社会 2 現代都市の景観 3 郊外の風景 4 都市/郊外の景観が示すもの第5章 「良い景観」とは何か 安彦一恵 1 倫理学の立場から 2 景観紛争 3 景観(風景)とは何か 4 歴史主義的美感とモダニズム的美感 5 第三の基本タイプとしてのポストモダニズム的美感 6 自由主義を原則とする紛争解決
powered by openBD
ほかのサービスで見る