Amazonへ


中古あり ¥5,000より

(2020/04/06 22:43:32時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ミニマリスト日英語比較統語論

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ミニマリスト ニチエイゴ ヒカク トウゴロン
出版社: 開拓社
単行本(ソフトカバー): 464 ページ / 21.0 x 14.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4758922667  ISBN-13: 9784758922661  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 835.1

紹介

本書は著者の生成文法理論・日英語比較統語論研究の集大成である。文法理論の面では、操作を併合と一致だけに限定して、英語の束縛、演算子-変項構造、作用域、関係節、省略等がエレガントに処理できることを、他方比較統語論の面では、日英語鏡像関係の仮定に立つと、日本語においてもこれらの現象が英語と極めて平行的に処理できることを示す。

目次

第1章 極小主義の一般的枠組み
第2章 標準極小主義からの逸脱
第3章 束縛の併合理論
第4章 束縛の併合理論:日本語のケーススタディー
第5章 演算子-変項構造:英語
第6章 数量詞作用域と日本語節構造
第7章 WH演算子-変項構造:WH疑問文の一般理論
第8章 関係節Ⅰ
第9章 関係節Ⅱ:言語間変異
第10章 省略Ⅰ
第11章 省略Ⅱ:日本語における省略
第12章 ラベル理論の問題点と解決の方向
powered by openBD
ほかのサービスで見る