Amazonへ


中古あり ¥3,289より

(2020/04/02 03:46:19時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

短期集中!オオサンショウウオ先生の 糖尿病論文で学ぶ医療統計セミナー〜疫学研究・臨床試験・費用効果分析

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: タンキ シュウチュウ オオサンショウウオ センセイ ノ トウニョウビョウ ロンブン デ マナブ イリョウ トウケイ セミナー : エキガク ケンキュウ リンショウ シケン ヒヨウ コウカ ブンセキ
出版社: 羊土社
単行本: 184 ページ
ISBN-10: 4758118558  ISBN-13: 9784758118552  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 498.019

紹介

オオサンショウウオ先生再び! 実論文を教材に,統計力を磨く!
実論文4本を教材に,本物の統計力を磨く!疫学データによるモデル構築から費用効果分析まで,全26講+演習問題で着実に学べる.1講1講が短いのでスキマ時間に受講可能.糖尿病にかかわるすべての診療科に!

目次

Ⅰ コホート研究 〜糖尿病網膜症により心血管疾患の予測精度は改善するか
第1講 抄録の読み方とPECO
第2講 研究デザイン
第3講 連続データの記述
第4講 分類データ・計数データの記述
第5講 生存時間データの記述
第6講 仮説検定1 〜t検定
第7講 仮説検定2 〜αエラーとβエラー
第8講 回帰分析
第9講 ロジスティック回帰
第10講 Cox回帰
第11講 リスクエンジン
◆ 演習問題

Ⅱ ランダム化臨床試験 〜血糖自己測定は有効か
第12講 臨床試験のアウトカム
第13講 ランダム化
第14講 患者取り扱いのフローチャート
第15講 仮説検定3 〜検定の多重性
第16講 サブグループ解析と交互作用の検定
第17講 サンプルサイズの計算
第18講 臨床試験の結果の報告
第19講 臨床試験と規制
第20講 データの流れと品質管理・品質保証
◆ 演習問題

Ⅲ 費用効果分析 〜血糖自己測定は費用対効果がよいか
第21講 費用効果分析のアウトカム
第22講 費用
第23講 QOL質問票と効用値
第24講 質調整生存年(QALY)
第25講 増分費用効果比(ICER)
第26講 モデル分析
◆ 演習問題

オオサンショウウオ先生からのご挨拶
powered by openBD
ほかのサービスで見る