Amazonへ


中古あり ¥1,758より

(2020/04/09 01:20:38時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

日本を再発明する: 時間、空間、ネーション

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ニホン オ サイハツメイ スル : ジカン クウカン ネーション
出版社: 以文社
単行本: 298 ページ
ISBN-10: 4753103196  ISBN-13: 9784753103195  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 210

紹介

〈グローバル時代の日本研究の基本図書〉
文化、民族、人種など社会研究の基本概念を近現代日本に適用しながら批判的に再検討。自明視された均質な日本像を覆し、複数の伝統が時間と空間の中で織り直され境界線を越えていく姿を展望する。日本研究の基本書ついに邦訳!

目次

日本語版への序文
■第1章 はじめに
■第2章 日本
三つの視点  華夷秩序と差異の論理  国民国家と同化の論理
モダニティ、文明、同化  時間、空間、差異
■第3章 自然
徳川時代の日本の自然観  平賀源内と自然の開発
自然と国学:本居宣長の「自然神道」  佐藤信淵の著作における〈開物〉
明治日本における自然と工業化  自然と工業化への批判
ナショナル・アイデンティティと環境:〈風土〉の概念
■第4章 文化
「文化」の起源  戦間期の〈文化主義〉  柳田国男と〈文化〉の再定義
有機体としての文化:石田英一郎の人類学
■第5章 人種
初期近代の日本の「内部」と「外部」  近代日本の人種  人種的な純血性のイメージ
人種的雑種性のイメージ  戦時の人種批判  戦後の再解釈
■第6章 ジェンダー
女性を消費する:家庭とナショナル・アイデンティティ  家族国家への批判
女性を近代化する:女性と時間  あるテーマの変種:「期待される人間像」
男性としての近代日本:〈日本人論〉  女性としての近代日本:『おしん』
ジェンダー、家族、アイデンティティ
■第7章 文明
ヨーロッパ中心のパラダイムを乗り越える  文明と文化  文明と〈民族〉
文明と進歩  「文明」の限界  日本における文化と文明に対する批判
■第8章 グローバリゼーション
グローバルな知識と差異のフォーマット化  植民地国家を正式なものにする
グローバリゼーションと戦後日本のアイデンティティ
記号の時代におけるグローバリゼーションとアイデンティティ
■第9章 市民権
〈人民〉〈臣民〉〈国民〉:近代日本における市民  多文化市民権  内なる国際化
内なる多文化主義  象徴指標と国民国家  時間の中のネーション
書誌
索引
powered by openBD
ほかのサービスで見る