Amazonへ


中古あり ¥579より

(2020/04/05 01:31:03時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

谷根千のイロハ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヤネセン ノ イロハ
出版社: 亜紀書房
単行本(ソフトカバー): 232 ページ
ISBN-10: 4750516058  ISBN-13: 9784750516059  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 213.61

紹介

初めてなのに なんだか懐かしい東京。

猫を追いかけて古い路地を進んでいけば、小さな商店街にたどり着く。
そこは、鴎外や漱石も暮らし、今や外国からの観光客にも人気が高い東京の町〈谷中・根津・千駄木〉。


弥生式土器が発掘された弥生町、江戸将軍家の菩提寺・寛永寺と上野、鷗外や漱石が暮らした千駄木、遊郭があった根津と権現様……。
幸田露伴、岡倉天心、高村光太郎、三遊亭圓朝……。

なつかしい街並みが残る谷根千を歩き、ゆかりある人々も取り上げながら、
古代から現代まで通して語る、小さな町の愉快な歴史読本。

目次

序文 次の世代に伝える
1 古代から江戸時代までの谷根千
2 明治時代の谷根千
3 大正時代の谷根千
4 昭和の谷根千
あとがきにかえて
powered by openBD
ほかのサービスで見る