STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥4,336より

(2020/05/25 18:19:12時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

大杉栄訳 ファーブル昆虫記

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: オオスギ サカエ ヤク ファーブル コンチュウキ
出版社: 明石書店
単行本: 496 ページ
ISBN-10: 4750322458  ISBN-13: 9784750322452  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 486
TRCMARC No: 05064778

紹介

日本を代表するアナーキスト・大杉栄によるファーブル昆虫記日本語訳…1922年に刊行され,名訳の誉れ高い昆虫記第1巻の復刻版。大杉翻訳時には不可能だった昆虫の和名訳を解説者の手によって補い,読者の理解を深めるための解説を付し,名訳を蘇らせた。

目次

1 糞蟲スカラベ サクレ
2 大蟲籠
3 玉蟲殺しのセルセリス
4 象鼻蟲狩りのセルセリス
5 殺しの名人
6 黄色い羽の穴蜂
7 短劍の三突き
8 幼虫と蛹
9 高遠な學説
10 ラングドクの穴蜂
11 本能の智惠
12 本能の無知
13 ヴァントウ山に登る
14 渡りもの
15 青虫狩りのアモフィラ
16 蠅取りのベンベクス
17 蠅狩り
18 寄生蠅—其の繭
19 其の巣の記憶
20 左官蜂カリコドマ
21 いろんな実験
22 巣の交換
附録 新種

前書きなど

大杉栄と生物学
訳者・大杉栄(1885−1923)は著名な社会運動家であり、アナーキスト(無政府主義者)である。関東大震災時に妻・伊藤野枝や甥とともに虐殺された。大杉がこのような生物学に興味を持っていたことは解説(訳者の序)に見受けられる。大杉の内的な世界については推論の域を出ないが、自然科学そのものに興味をだいていたというよりも自然の事象を彼なりの感覚で感得していたからではないか。そのことが解説に現れている。発表はしなかった短いエッセイ、ファブル(大杉の表現にしたがった)について「科学の詩人」を著している。それが、解説の主要部分をなしているが、昆虫学者あるいは博物学者ではない大杉の面目が溢れていて興味を引く。
生物学史としてはファーブルの著作に賞賛が述べられている事例に一つの時代が重ねられよう。「ダァヰンがかつて彼をただ一言、しかし千金の重みを以て『此の比類のない観察者』と激賞した」と引用していることも興味深い。そして、大杉自身はダーウィンやウォーレスの著作をかかえて下獄したこともあった。少なくとも彼はダーウィンやウォーレスに興味を持ち、しかもダーウィンを特に価値のある学者と見なしていたといえよう。進化史にひいては自然の歴史性に興味を持っていたのであろう。だが、博物学者という表現、あるいは当時の科学者の意味するところは、現代のそれと異なる上、生物学の変貌も著しい。大杉が好んだこれらの著作は、今日、昆虫記、動物文学作品として扱われるのが一般的である。
powered by openBD
ほかのサービスで見る