STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥3,928より

(2020/06/02 14:29:28時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ニュースは「真実」なのか (「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2019)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ニュース ワ シンジツ ナノカ
出版社: 早稲田大学出版部
単行本(ソフトカバー): 366 ページ
ISBN-10: 4657190253  ISBN-13: 9784657190253  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 070.4

紹介

「ファクト」を掘り起こす――。
ジャーナリズムとは何か。それはどのような社会的働きをしているのか。ジャーナリストとは誰か。どのような仕事をしているのか。そして、なぜそれをしているのか。早稲田の人気講座シリーズ、待望の最新刊。

目次

はじめに(瀬川至朗)
Ⅰ 今につながる歴史を追い続ける
 旧優生保護法を問う(毎日新聞:遠藤大志)
 先人に学ぶ草の根民主主義とジャーナリズム活動(信越放送:湯本和寛)
 テレビドキュメンタリーの役割とは何か(NHK:三村忠史)
 歴史のなかから沖縄を考える(NHK:松岡哲平)
Ⅱ 事実を隠す力に抗う
 ♯Me Tooとジャーナリズム(ジャーナリスト:伊藤詩織)
 「組織ジャーナリズム」の明日を考える(朝日新聞:長谷川玲)
 国際政治を「現場」から見つめる(琉球新報:島袋良太)
 日産のカルロス・ゴーン 転落劇の取材(オートモーティブニュース:ハンス グライメル)
Ⅲ 人々の現在を可視化する
 Life なぜ私は、福島を伝えつづけるのか(ドキュメンタリー監督:笠井千晶)
 孤立する人々(読売新聞:小田克朗)
 連載「つながりなおす 依存症社会」の取材から(信濃毎日新聞:小松恵永)
Ⅳ 個と組織の連帯が生むジャーナリズムの形
 会社の壁を越えたコラボレーションと調査報道(共同通信:澤 康臣)
 言論の自由の砦としてのファクトチェック(ファクトチェック・イニシアティブ:楊井人文)
 ジャーナリズムと情報公開制度を使うということ(情報公開クリアリングハウス:三木由希子)
 「日報隠蔽」で感じたジャーナリズムの新しい可能性(ジャーナリスト:布施祐仁/朝日新聞:三浦英之)
powered by openBD
ほかのサービスで見る