Amazonへ


中古あり ¥401より

(2020/04/02 06:58:56時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

モノと男の戦後史

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: モノ ト オトコ ノ センゴシ
出版社: 吉川弘文館
単行本: 309 ページ
ISBN-10: 4642079904  ISBN-13: 9784642079907  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 367.5

紹介

戦後、日本の社会は大きく変貌し、男をとりまく環境も変った。居場所(喫茶店・書斎)、身体(カツラ・バイアグラ)、表象(スーツ、社章)など、「男であること」を生み出してきたモノを通して描くもうひとつの戦後史。

目次

「戦後・男・モノ」-この本の序にかえて
1 男の居場所(喫茶店-大人の男の居場所
書斎-地位表示の身体空間
墓-骨の置き処)
2 男の身体(男の被りモノ-カツラ
男を奮い立たせるモノ-アメノウズメからバイアグラまで
ランチ-脱「腰弁」化のゆくえ)
3 男の表象(男が装うモノ-スーツ&ネクタイ
社章-記号化された会社空間)
powered by openBD
ほかのサービスで見る