Amazonへ


中古あり ¥1,900より

(2020/03/30 01:29:06時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

江戸の乳と子ども: いのちをつなぐ (歴史文化ライブラリー)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: エド ノ チチ ト コドモ : イノチ オ ツナグ
出版社: 吉川弘文館
単行本: 220 ページ
ISBN-10: 4642058419  ISBN-13: 9784642058414  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 599.3

紹介

貰い乳、乳持ち奉公、乳と捨て子、長期授乳…。乳をめぐる人の繋がりを探り、子どもを育てるネットワーク形成の意味を考える。
粉ミルクのように有効な代替品がない江戸時代、赤子にとって“乳”は大切な命綱だった。母親の出産死や乳の出が悪い場合、人びとは貰い乳や乳母を確保するために奔走した。生活のため乳持ち奉公に出る女性、長期間乳を呑んでいた子どもの声、乳と生殖の関係などに迫る。乳をめぐる人の繋がりを探り、今、子どもを育てるネットワーク形成の意味を考える。

目次

いのちへの問い、乳への問い―プロローグ/なぜ乳か(乳から何が見えるか/授乳風景は語る/西鶴本に見る乳/乳がない)/命綱としての乳(いのちの管理と乳/上層武士と乳/乳と捨て子/乳沢山あり/捨て子のその後)/売買される乳(乳持ち奉公に出る女たち/乳母を選ぶ/乳の売買の裏側)/ある家族における乳と子ども(「柏崎日記」に見る乳と子ども/渡部家の子どもたちと授乳/乳をめぐるネットワーク/乳を呑むのは「ねんね」)/乳と生殖・胎児観(長期授乳の意味/出生コントロールと乳/乳を呑む「胎内の子」)/歴史の中のいのちと乳―エピローグ
powered by openBD
ほかのサービスで見る