STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,149より

(2020/05/25 17:30:58時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

精神の自己主張: ティリヒ=クローナー往復書簡1942-1964 (転換期を読む)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: セイシン ノ ジコ シュチョウ : ティリヒ クローナー オウフク ショカン センキュウヒャクヨンジュウニ センキュウヒャクロクジュウヨン
出版社: 未来社
単行本: 189 ページ
ISBN-10: 462493444X  ISBN-13: 9784624934446  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 191

紹介

ナチスからアメリカへ亡命したドイツの神学者パウル・ティリヒと哲学者リヒャルト・クローナー。ナチスの圧政を経験し、移住先での辛苦を経験して再開を果たした2人は、互いの友情を確認しあうとともに、生と死をめぐって神学的-哲学的に対話を重ねていく。
近年発見されたティリヒとクローナー、およびその妻たちの往復書簡33通を収録・翻訳。両者の交流・議論の軌跡を示すほか、第1部に書簡編集者の解題、第3部に訳者の解題を配す。

目次

目次
第1部 精神の自己主張――リヒャルト・クローナーとパウル・ティリヒ往復書簡(F・W・グラーフ+A・クリストファーセン)
第2部 パウル・ティリヒとリヒャルト・クローナー往復書簡、及び関連文書
 関連諸文書
  補遺1 リヒャルト・クローナー博士〔を紹介する〕(パウル・ティリヒ)
  補遺2 生き生きとした理性――アメリカにおける哲学・神学的思想の基礎(リヒャルト・クローナー)
  補遺3 リヒャルト・クローナーを記念して(ハンス=ゲオルク・ガダマー)
第3部 訳者解題――二人の亡命知識人の精神史的考察(深井智朗)
 訳者あとがき(茂牧人)
powered by openBD
ほかのサービスで見る