Amazonへ


中古あり ¥1,839より

(2020/04/06 02:14:09時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

発達156: なぜいまレッジョ・エミリアなのか

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: 「トクシュウ」ナゼ イマ レッジョ・エミリア ナノカ
出版社: ミネルヴァ書房
単行本: 120 ページ / 260.0 g
ISBN-10: 4623084582  ISBN-13: 9784623084586  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 370.5

紹介

日本でも注目を集める、「レッジョ・エミリア」の幼児教育。「なぜいまレッジョ・エミリアなのか」という問いから今後の保育を考える
「世界で最も優れた10の学校」に選ばれたことから注目されるようになった、イタリアの小さな街「レッジョ・エミリア」の幼児教育。なぜ、いまなお日本で注目され続けているのか、本特集では「マラグッツィの哲学」から「ドキュメンテーション」「プロジェクト活動」「まちづくり」までさまざまな視点から多面的に紹介します。

目次

【特集】
巻頭言 なぜいま、あらためてレッジョ・エミリアか(秋田喜代美)
ローリス・マラグッツィの思想の歴史的意味(佐藤 学)
マラグッツィが受け継いだもの、遺したもの(里見 実)
ドキュメンテーション――レッジョ・エミリアとの対話(森 眞理)
レッジョ・エミリアの思想にもとづくプロジェクト活動(カンチェーミ・ジュンコ)
アトリエの思想とアトリエリスタ(伊藤史子)
レッジョ・エミリアに学ぶまちづくり――「100の言葉」がまちをつくる(松本理寿輝)
人を育て文化や町を創る市民参加型イベント「レミダデー」と「レッジョナラ」(石井希代子)
レッジョ・エミリアにインスパイアされた日本の活動――芸術士Ⓡ派遣活動in高松市(三井文博)
スウェーデンのレッジョ・インスピレーション(浅井幸子)
レッジョ・エミリアの思想を実践して(戸塚陽子・山田寿江)
レッジョ・エミリア市在住の保護者の視点からみた“レッジョ・エミリア”(上村香織)

【連載】
保育に活かせる文献案内〈連載22〉
 「発達障害」についての最新の研究動向について(汐見稔幸)
人との関係に問題をもつ子どもたち〈連載98〉
 小学校における「気になる子」への指導の実際と巡回相談の課題(《発達臨床》研究会)
子どもたちの情景―そばにそっといたおねえさん先生から見えたこと〈連載17〉
 学校という「社会」で子どもが学ぶこと(ひらのゆうこ・浜田寿美男)
霊長類の比較発達心理学 〈連載135〉
 チンパンジー研究者、母になる――ヒトの生後五歳から五歳六カ月までの発達(林 美里)
障がいのある子の保育・教育のための教養講座―実践障がい学試論【保育/教育指導編】〈連載26〉
 「今性」をもたらす他者(佐藤 曉)
心理学をめぐる私の時代史〈連載11〉
 心理学の制度化の話(浜田寿美男)

【発達読書室】
 著者が語る『テーマでみる 保育実践の中にある保育者の専門性へのアプローチ』(中坪史典)
 書籍紹介
powered by openBD
ほかのサービスで見る