Amazonへ


中古あり ¥858より

(2020/04/03 13:17:46時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

これからの日本の国際協力 ビッグ・ドナーからスマート・ドナーへ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コレカラ ノ ニホン ノ コクサイ キョウリョク : ビッグ ドナー カラ スマート ドナー エ
出版社: 日本評論社
単行本: 341 ページ
ISBN-10: 4535557942  ISBN-13: 9784535557949  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 333.8

紹介

経済の長期低迷下ではODA増額よりも限られた予算の有効活用こそが重要課題。日本発の国際協力が世界をリードするための道標。

目次

序 章 なぜ今、日本の国際協力を考え直すのか(黒崎 卓・大塚啓二郎)

第1部:これまでの日本の国際協力ーーアジアのビッグ・ドナーが果たした役割とは

第1章 東アジア型産業発展と日本の役割(大塚啓二郎)
第2章 東南アジアにおける日本のODAの変遷と課題
    ーー先発アセアンを中心として(武藤めぐみ・広田幸紀)

BOX1 インドでのインフラ支援 : デリーの地下鉄建設(黒崎 卓)

第3章 アフリカ開発援助における日本の役割 
ーーイギリスとの比較を通じて(高橋基樹)

BOX2 アフリカの緑の革命の可能性(大塚啓二郎)

第2部:かつての途上国、現在の途上国からみた日本の国際協力

第4章 韓国――開発経験とODA戦略(深川由起子)
第5章 インドネシア――経済発展における対外債務と日本のODA(水野広祐)
第6章 ザンビア――対アフリカ援助の政治経済学(児玉谷史朗)

BOX3 中国――「曖昧な制度」としての対口(たいこう)支援(加藤弘之)

第3部:これからの日本の国際協力
    ーー日本発「スマート・ドナーモデル」の構築を目指して

第7章 産業発展
    ーー日本の顔が見える戦略的支援(園部哲史)

BOX4 途上国のための職業訓練(古川勇二)

第8章 直接投資――日本の投資と開発途上国の発展(浦田秀次郎)
第9章 教育普及――産業発展につながる教育支援(黒崎 卓)
第10章 国際金融――「東アジア型マクロ経済運営モデル」と日本(高阪 章)
第11章 環境――日本の環境ODAの展開とアジア地域環境ガバナンスの構築(松岡俊二)

BOX5 東南アジアの防災と日本(武藤めぐみ)

終 章 「スマート・ドナー」として国際社会をリードするために(大塚啓二郎・黒崎 卓)
powered by openBD
ほかのサービスで見る