Amazonへ


中古あり ¥730より

(2020/04/06 00:22:22時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

日本文学史序説〈上〉 (ちくま学芸文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ニホン ブンガクシ ジョセツ
出版社: 筑摩書房
文庫: 550 ページ
ISBN-10: 4480084878  ISBN-13: 9784480084873  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 910.2

紹介

日本人の心の奥底、固有の土着的世界観とはどのようなものか、それは、外部の思想的挑戦に対していかに反応し、そして変質していったのか。従来の狭い文学概念を離れ、小説や詩歌はもとより、思想・宗教・歴史・農民一揆の檄文にいたるまでを"文学"として視野に収め、壮大なスケールのもとに日本人の精神活動のダイナミズムをとらえた、卓抜な日本文化・思想史。いまや、英・仏・独・伊・韓・中・ルーマニアなどの各国語に翻訳され、日本研究のバイブルとなっている世界的名著。上巻は、古事記・万葉の時代から、今昔物語・能・狂言を経て、江戸期の徂徠や俳諧まで。

目次

日本文学の特徴について
第1章 『万葉集』の時代
第2章 最初の転換期
第3章 『源氏物語』と『今昔物語』の時代
第4章 再び転換期
第5章 能と狂言の時代
第6章 第三の転換期
第7章 元禄文化
powered by openBD
ほかのサービスで見る