STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥3,648より

(2020/06/04 14:53:05時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

移民政策とは何か: 日本の現実から考える

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: イミン セイサク トハ ナニ カ
出版社: 人文書院
単行本: 256 ページ / 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4409241249  ISBN-13: 9784409241240  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 334.41

紹介

移住労働者の定住化を阻止するという政府の方針は、彼らの人権を侵害し、「使い捨て」にすることを意味する。移民研究の第一人者が結集し、政策転換に向けて必要な視座を提示する。
移民の未来は、日本の未来だ

移住労働者の定住化を阻止するという政府の方針は、彼らの人権を侵害し、「使い捨て」にすることを意味する。一方で長期的にみれば、ここには人を育てるという視点がない以上、日本社会の「持続可能性」をも奪うだろう。移民研究の第一人者が結集し、政策転換に向けて必要な視座を提示する。

序 章―移民社会の現実を踏まえて  髙谷 幸

第1章 労働―人材への投資なき政策の愚  樋口直人
第2章 ジェンダー―格差是正のための政策にむけて  稲葉奈々子・髙谷幸・樋口直人
第3章 出入国在留管理―非正規移民への対応を問う  髙谷 幸
第4章 社会保障―「外国人性悪説」を超えて   奥貫妃文
第5章 教育―子どもの自己実現のために言語と文化の保障を  榎井 縁
第6章 多文化共生―政策理念たりうるのか  樋口直人
第7章 移民排斥―世論はいかに正当化しているか  五十嵐彰・永吉希久子
第8章 反差別―独立した人権機関の設置が急務だ  森千香子
第9章 国籍・シティズンシップ―出生地主義の導入は可能か  佐藤成基
第10章 技能―日本的理解を刷新するとき  小井土彰宏

終 章―生活世界の論理による政策を実現するために  稲葉奈々子

目次

序 章―移民社会の現実を踏まえて  髙谷 幸

第1章 労働―人材への投資なき政策の愚  樋口直人
第2章 ジェンダー―格差是正のための政策にむけて  稲葉奈々子・髙谷幸・樋口直人
第3章 出入国在留管理―非正規移民への対応を問う  髙谷 幸
第4章 社会保障―「外国人性悪説」を超えて   奥貫妃文
第5章 教育―子どもの自己実現のために言語と文化の保障を  榎井 縁
第6章 多文化共生―政策理念たりうるのか  樋口直人
第7章 移民排斥―世論はいかに正当化しているか  五十嵐彰・永吉希久子
第8章 反差別―独立した人権機関の設置が急務だ  森千香子
第9章 国籍・シティズンシップ―出生地主義の導入は可能か  佐藤成基
第10章 技能―日本的理解を刷新するとき  小井土彰宏

終 章―生活世界の論理による政策を実現するために  稲葉奈々子
powered by openBD
ほかのサービスで見る