Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/03/29 12:59:46時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

箱根駅伝 (幻冬舎新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ハコネ エキデン
出版社: 幻冬舎
新書: 225 ページ
ISBN-10: 4344982363  ISBN-13: 9784344982369  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 782.3

紹介

正月最大のイベント、箱根駅伝。メディアに後押しされ、関東のローカル大会が、大学スポーツの枠を超えた全国的人気を誇るまでになった。宣伝効果も絶大だ。レースの結果は、大学の入学志願者数を大きく左右し、監督には激しいプレッシャーがかかる。一方、箱根重視の練習は、その後の選手生命に響くとも指摘される。往復200キロ超の行程には、監督の手腕、大学の生存戦略、日本長距離界の未来が詰まっている。感動の舞台裏を徹底分析。

目次

第1章 区間配置の知恵比べ
第2章 いまや時代は「花の五区」?
第3章 監督はつらいよ
第4章 駒澤大学大八木弘明監督一問一答
第5章 いま、留学生は必要なのか?
第6章 東洋大学酒井俊幸監督一問一答
第7章 箱根駅伝が大学経営を左右する
第8章 早稲田大学渡辺康幸監督一問一答
第9章 「ふくしま駅伝」がもたらした功績
第10章 世界から箱根駅伝を見る
powered by openBD
ほかのサービスで見る