Amazonへ


中古あり ¥68より

(2020/03/31 23:32:35時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

廃用身

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ハイヨウシン
出版社: 幻冬舎
単行本: 323 ページ
ISBN-10: 4344003403  ISBN-13: 9784344003408  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6

紹介

「廃用身」とは、脳梗塞などの麻痺で動かなくなり、しかも回復の見込みのない手足のことをいう医学用語である。医師・漆原糾は、神戸で老人医療にあたっていた。心身ともに不自由な生活を送る老人たちと日々、接する彼は、"より良い介護とは何か"をいつも思い悩みながら、やがて画期的な療法「Aケア」を思いつく。漆原が医学的な効果を信じて老人患者に勧めるそれは、動かなくなった廃用身を切断(Amputation)するものだった。患者たちの同意を得て、つぎつぎに実践する漆原。が、やがてそれをマスコミがかぎつけ、当然、残酷でスキャンダラスな「老人虐待の大事件」と報道する。はたして漆原は悪魔なのか?それとも医療と老人と介護者に福音をもたらす奇跡の使者なのか?人間の誠実と残酷、理性と醜悪、情熱と逸脱を、迫真のリアリティで描き切った超問題作。
powered by openBD
ほかのサービスで見る