Amazonへ


中古あり ¥20,608より

(2020/03/30 22:43:41時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

近代の神道と社会

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: キンダイ ノ シントウ ト シャカイ
出版社: 弘文堂
単行本: 776 ページ
ISBN-10: 4335160976  ISBN-13: 9784335160974  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 172.04

紹介

近代日本の国家形成とともに展開した神道の諸相を、制度、組織、人物等の多様な観点から明らかにする31論文を結集。
祭政一致の構想を掲げた明治維新。神社・神道と社会の「近代」を考える。

近代日本の国家形成とともに展開した神道の諸相を、制度、組織、人物等の多様な観点から明らかにする31論文を結集。

目次

武田秀章  近代の「神道と社会」を用意したもの
西岡和彦  神武創業の精神と垂加神道
中村 聡  大国隆正と福羽美静の国学
高原光啓  神武創業と国家祭祀形成
小林威朗  明治前期の神職とその活動
半田竜介  平田派国事犯事件について
戸浪裕之  島地黙雷の政教論
永田昌志  扶桑教会宍野半と神道事務局直轄教会
中山 郁  御嶽教の変容と神道家
佐々木聖使 海老名弾正と黒住教
坂井久能  賀茂真淵の墓改修事業とその歴史的意義
齋藤公太  池辺義象の日本法制史研究と祭政一致論
星野光樹  近代神社祭祀と祭服
東郷茂彦  「大祓詞」変遷の軌跡と近代神道の社会対応
宮本誉士  官幣大社霧島神宮列格の背景及び経緯と待遇向上運動
齊藤智朗  「神道人」から見る近代神道史
髙野裕基  神社と教育勅語
畔上直樹  大正期神社行政と神社「森厳」問題
黒岩昭彦  高木兼寛の「神道観」
神杉靖嗣  「大日本世界教稜威会」川面凡児の神道思想
上西 亘  山口鋭之助の祭政一致構想と神社界
佐藤一伯  神宮大麻と家庭祭祀の思想
武田幸也  近代の大嘗祭論と天皇像
中野裕三  星野輝興の祭祀学
菅 浩二  D・C・ホルトムの日本研究とその時代
渡邉 卓  植木直一郎の「古典研究」と皇典講究所・國學院
小島伸之  国家神道と憲兵隊
松本久史  昭和戦中期の国学研究
藤田大誠  戦時下における英霊公葬運動と神仏抗争
河村忠伸  近代神社法制度と神社本庁
上野 誠  折口信夫の自己定位
powered by openBD
ほかのサービスで見る