Amazonへ


中古あり ¥8,000より

(2020/04/06 15:24:39時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

昭和前期の神道と社会

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ショウワ ゼンキ ノ シントウ ト シャカイ
出版社: 弘文堂
単行本: 682 ページ
ISBN-10: 4335160828  ISBN-13: 9784335160820  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 172

紹介

昭和前期の国家主義者、教育者、宗教者、神道人の思想・動向を個別に検証。神道と社会との関わりを実証的に明らかにする論文集。
●戦時期「国家神道」の実態を検証した初めての論集。
総動員体制へと至る昭和前期の国家主義者をはじめ、教育者、宗教者、神道人の思想・動向を個別に検証。組織や人脈の多様な繋がりをも確認し、神道と社会の関係性を思想・制度の両面から実証的・多角的に論究する。

目次

阪本是丸:昭和戦前期の「神道と社会」に関する素描

第1部
藤本頼生:照本亶と『皇国』
髙野裕基:昭和前期における河野省三の時代認識と神道学構想
武田幸也:今泉定助の思想と皇道発揚運動
藤田大誠:葦津珍彦小論
東郷茂彦:天野辰夫の天皇観・神道観について
神杉靖嗣:星野輝興・弘一の神道学説をめぐって
菅 浩二:難波田春夫の国体論
上西 亘:藤澤親雄の国体論
宮本誉士:大串兎代夫の帝国憲法第三十一条解釈と御稜威論
渡邉 卓:武田祐吉の学問態度と〈万葉精神〉
大東敬明:萩原龍夫と国民精神文化研究所・教学錬成所
戸浪裕之:真宗僧侶伊藤義賢の神道論
赤澤史朗:神道神学者・小野祖教の誕生

第2部
河村忠伸:神社行政における「国家ノ宗祀」
半田竜介:埼玉県神職会と氏子崇敬者総代会について
齊藤智朗:戦中期における皇典講究所祭祀審議会の活動
畔上直樹:戦時期村役場文書にみる無格社整理
黒岩昭彦:二・二六事件と「八紘一宇」
平藤喜久子:海外における日本神話研究
川島啓介:戦時期の国語世界化と国学
坂井久能:軍学校における校内神社の創建とその役割
中山 郁:陸軍における戦場慰霊と「英霊」観
小島伸之:「国家神道」と特別高等警察
powered by openBD
ほかのサービスで見る