Amazonへ


中古あり ¥1,250より

(2020/04/07 20:02:21時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ひとりの妄想で未来は変わる VISION DRIVEN INNOVATION

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヒトリ ノ モウソウ デ ミライ ワ カワル
出版社: 日経BP
単行本(ソフトカバー): 239 ページ
ISBN-10: 4296103849  ISBN-13: 9784296103843  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 336.3

紹介

■地図なき時代を仲間と切り拓くイノベーション実践36の智慧
■イノベーターは出世コースではなく、組織の辺境にいる!
■ベストセラー『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』著者の最新作

■地図なき時代を仲間と切り拓くイノベーション実践36の智慧

■イノベーターは出世コースではなく、組織の辺境にいる!

「いままでのやり方を踏襲していても、未来はないような気がする。経営層や上司は答えをもっていないまま変革やイノベーションの号令を出しているが、実際に現場で行っている施策は小手先の変化としか思えない。本当は、根本的に新たなモデルをつくらないといけないのではないか」

いま、日本の企業においても社会においても、旧来のインフラやシステムの限界が露呈し、イノベーションが求められている。だが、そのイノベーション活動のなかには、ゾンビのような生きていない活動も多い。世の中を変える取り組みは、妄想をもったひとりの人が仲間を集め、新たな文化をつくる場と、そこで生まれてきた意志によって創造を繰り返していく創造の生態系をつくることで持続可能になる。つまり、人、場、意志、創造という“創造のエッセンス”が不可欠だ。

また、イノベーション活動は破壊的創造だけではなく、新たなモデルを既存の組織や仕組みに接木(つぎき)していくことが必要になってくる。ここで壁になるのが、既存の仕組みを回す管理と、新規の仕組みをつくる創造のOSの違いだ。既存の組織の本質は「生産性の最大化を目指す」ものであるのに対し、これから求められる組織とは、「知識創造の最大化を目指す」ものである。

この違いを理解し、ふたつの世界の橋渡しをする“革新の智慧”をイノベーション活動のなかに埋め込むことが重要になる。一人ひとりが発信したビジョンがやがてヒト・モノ・カネ・智慧を呼び込み、生態系のような環境から新しいアイデアが次々と生まれる──そんな「創造する組織」の経営モデルへ、どのように変わっていけばいいのだろうか。

イノベーターの旅は、最初はひとりの妄想から始まり、新たな事業や会社のモデルをつくり、最終的には新たなモデルを社会実装するための経営モデルに進化させていくことになる。著者は共創型戦略デザインファーム「BIOTOPE」を創業し、さまざまな分野のイノベーション活動を支援してきた。その経験から得た、ひとりの妄想から始めて未来を変えていく“VISION DRIVEN INNOVATION”についての現場での実践知を、「36の智慧」としてまとめたのが本書だ。


【推薦の言葉】

「この本は、日本的な組織でビジョンを
 アクションにつなげるための現場の実践知だ。」
──野中郁次郎氏 一橋大学名誉教授

「いま日本中の大企業で変革を本当に起こしている
 張本人による、これは最高のイノベーションの手引書だ!」
──入山章栄氏 早稲田大学ビジネススクール教授

目次

プロローグ

創造と革新の36の智慧

第1章 創造の生態系を生むレシピ
 あなたのイノベーション活動は生きているか
 ゾンビのようなイノベーション活動が生まれるわけ
 △から〇へ変わる組織のかたち
 創造の生態系を生んでいくイノベーション
 COLUMN 機械の世界と生き物の世界の原理

第2章【人】辺境に眠る妄想家に仲間との出会いを
 妄想から始める「イノベータージャーニー」
 妄想を引き出し、熱を吹き込む
 ともに企む仲間をつくる
 辺境に眠る妄想を発掘する
 組織外の仲間から自信をもらう
 事例 NHKエデュケーショナル
    ひとりから始めた新しい公共メディアの学び事業づくり
 COLUMN 同僚を仲間に変える「妄想インタビュー」

第3章【場】次のアタリマエを育てる土壌をつくる
 なぜ、肝入りの新規事業が失敗するのか
 場と間をつくり出す
 創発を生みやすい土づくりをする
 情報の全体像を可視化する
 1.5歩先の旗を立てる
 事例 丸紅
    IoT時代の商社の次世代型ビジネスモデルを生み出す場づくり
 COLUMN 自律的な創造文化をつくるためにできること

第4章【意志】根のある生きた意義を発信せよ
 戦略だけでなく意義が必要になる理由
 個々人の意志をベクトルにしたビジョンづくりを
 過去-現在-未来をつないだ新たな文脈づくり
 言葉と物語によって魂を入れた意志にする
 会社のタイプに合わせて意志をブランドに
 事例 ALE
    スタートアップの成長の器を支える企業DNAをデザインする
 事例 NTTドコモ
    手触り感のある未来像を描き、未来をつくる意志を紡ぐ
 COLUMN 人文科学の視点を入れてWHYに文脈を与える

第5章【創造】自分たちらしい創造の型をつくるべし
 やってみてから考える
 デザイン思考は魔法の杖なのか
 独創を最大化する共創を仕込め
 多様性から未来を創発する共創ファシリテーション
 生んで間引く創発型戦略
 目的に合わせて創造の方法論を使い分けよ
 事例 山本山
    老舗の歴史的資産を価値に変えるリブランディング
 事例 コニカミノルタ
    モノづくり型からコトづくり型へ変革する人間中心デザイン
 事例 東京急行電鉄
    多摩川流域未来ビジョンをつくる参加型デザイン
 COLUMN BIOTOPE流創造の型

第6章【革新】機械型組織のツボを突き、新たなモデルを接木せよ
 創造と革新を求められるイントレプレナーに必要な接木力
 組織に新たな回路を発火させていく革新の智慧
 【0→1】辺境でのアングラ活動
 【1→10】部門横断の公式活動化
 【10→100】革新の運動体をつくる
 【100→∞】革新のスケールアウト
 COLUMN 変化を推進し続けるレジリエンスを獲得する「ストーリー型振り返りワークシート」

第7章 創造する組織
 誰も答えをもたない時代の経営モデル
 事例 クックパッド
    ミッションを動力にした創造するプラットフォームへの革新
 COLUMN 経営者のための創造する組織への進化の道

エピローグ
powered by openBD
ほかのサービスで見る