Amazonへ


中古あり ¥3,205より

(2020/04/03 21:03:39時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

最新 糖尿病診療のエビデンス 改訂版

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: サイシン トウニョウビョウ シンリョウ ノ エビデンス
出版社: 日経BP
単行本: 224 ページ
ISBN-10: 4296103415  ISBN-13: 9784296103416  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 493.123

紹介

EBM(根拠に基づいた医療)の考え方に基づき、2型糖尿病の薬物治療や生活習慣改善に関する最新の知見を紹介します。
2019年6月までに発表された論文に対応
EBM(根拠に基づいた医療)の考え方に基づき、2型糖尿病の薬物治療や生活習慣改善に関する最新の知見を紹介。

EBM(Evidence-Based Medicine)界の若手ホープである著者が、日々の糖尿病診療で生じる臨床的な疑問について、最新のエビデンスと診療ガイドラインをひもときながら、わかりやすく解説します。『日経メディカル Online』で好評を博した連載(臨床講座)をベースに、初版を2015年に発行。今回は、2019年6月までに発表された大規模臨床試験の結果や新しい糖尿病診断基準、診療ガイドラインの紹介を加え、全面刷新しました。SGLT2阻害薬やGLP-1受容体作動薬がなぜ今、注目されているのか、包括的なリスク管理はどの程度の意義があるのか、糖質制限の長期的な評価など、臨床現場で役立つ数々のトピックスを、EBMの切り口で明快に解説。研修医や糖尿病を専門としていない全ての臨床医を中心に、糖尿病療養指導士や看護師、管理栄養士、薬剤師など、糖尿病患者の治療・指導に携わる全ての医療専門職と、製薬会社のMR(医薬情報担当者)を主たる読者対象としています。
■主な内容
1章:主要な糖尿病診療ガイドラインの比較
2章:至適な血糖コントロールとは
3章:包括的リスク管理のABC
4章:ライフスタイル“改革”のABCDE
5章:ビグアナイド薬
6章:DPP-4阻害薬
7章:SU薬・グリニド系薬
8章:SGLT2阻害薬
9章:αグルコシダーゼ阻害薬
10章:チアゾリジン薬
11章:インスリン製剤
12章:GLP-1受容体作動薬
総論1:エビデンスの読み方・使い方
総論2:EBMの“十戒”
付録:糖尿病と癌

目次

はじめに

第1章 主要な糖尿病診療ガイドラインの比較
百花繚乱か玉石混交か?
第2章 至適な血糖コントロール
理論と現実に乖離
第3章 統合的リスク管理のABC
合併症予防の不可欠要素
第4章 ライフスタイル“改革”のABCDE
至適化のツボ
第5章 ビグアナイド薬
論よりエビデンス
第6章 DPP-4 阻害薬
期待外れの現実
第7章 SU 薬・グリニド薬
エビデンスは多けれど
第8章 SGLT2 阻害薬
多才な新薬登場?
第9章 α-グルコシダーゼ阻害薬
メタアナリシスで有意差あれど
第10章 チアゾリジン薬
大血管症予防効果の真相は
第11章 インスリン
合併症予防のエビデンスは限定的
第12章 GLP-1受容体作動薬
食い違う大血管症予防効果
第13章 【総論1】 エビデンスの読み方・使い方
― 数式なし!目からウロコの秘伝―
第14章 【総論2】 EBMの“十戒”
― エビデンスに使われないために―

付録 糖尿病と癌
再掲図表
索引
powered by openBD
ほかのサービスで見る