Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/03/30 01:23:54時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

触媒化学 (応用化学シリーズ)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ショクバイ カガク
出版社: 朝倉書店
単行本: 180 ページ
ISBN-10: 4254255861  ISBN-13: 9784254255867  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 431.35

紹介

本書は大学や高専における教科書として、触媒化学の要点を説き起こし、「考える講義」の一助となることを目的とし、高度科学技術社会の成立過程で触媒の果した役割を歴史的に示し、資源・エネルギー・環境に関わる明日への期待を示唆した。元素に依存し、経験から生み出された触媒化学に、構造要因としての表面ナノ構造の重要性を示した。解明されつつある反応機構を出来るだけわかりやすく記述した。具体的な触媒の調製法や構造解析法を平易に記述し、材料としての触媒に興味をもてるよう工夫した。光触媒や水素エネルギーなど、明日の資源・エネルギーに関連したフロントを紹介し、展望を記述した。

目次

1 触媒とはなにか
2 触媒の歴史と役割
3 固体触媒の表面
4 固体触媒反応の素過程と反応速度論
5 触媒反応機構
6 触媒反応場の構造と物性
7 触媒の調製と機能評価
8 環境・エネルギー関連触媒
powered by openBD
ほかのサービスで見る