STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,411より

(2020/05/29 10:19:05時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

世界一わかりやすい日本憲政史 明治自由民権激闘編

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 徳間書店
単行本: 304 ページ / 300.0 g
ISBN-10: 4198648875  ISBN-13: 9784198648879  [この本のウィジェットを作る]

紹介

「何ができるか」という指導力ではなく、「何をさせないか」という拒否権で読み解くと日本憲政史の謎が手に取るようによくわかる
なぜ日清日露戦争に勝てたのか? こんなことやってて……

・明治の指導者は立派だったが、昭和になってだめになった
・明治時代の日本は、藩閥専制の時代だった
・非民主的な明治憲法により、政党内閣制はなかなか実現しなかった
・明治憲法下の衆議院は、最弱の存在だった。
・民衆は自由民権運動で政府に対抗した
――こうした明治日本の通説はみな大間違いだった。

明治から現代に至る日本の憲政史、すなわち憲法というルールに基づいて行われる政治というゲームの歴史を読み解く鍵は、拒否権です。帝国憲法でも現行憲法でも、「何ができるか」という指導力ではなく、「何をさせないか」という拒否権で、日本の政治は動いているのです。要するに、「誰が一番、人の邪魔をするのがうまいか」を見ないと、真の権力者が誰だか、わからなくなるのです。
 何を実現したかという指導力ではなく、誰が誰を潰したかという拒否権を通して見ると、全く違う世界が見えてきます。
              (「はじめに」より)

「拒否権」というキーワードから見れば、すべての謎がすらすらと読み解ける!
教科書では絶対に教えない、今に続く日本政治の不甲斐なさの理由が、世界一よくわかる本。
powered by openBD
ほかのサービスで見る