Amazonへ


中古あり ¥8より

(2020/04/09 13:26:30時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: カセグ マチ ガ チホウ オ カエル
出版社: NHK出版
新書: 208 ページ / 160.0 g
ISBN-10: 4140884606  ISBN-13: 9784140884607  [この本のウィジェットを作る]

紹介

人口減少社会でも、経営者視点でまちを見直せば地方は再生する!補助金頼りで利益を生まないスローガンだけの「地方創生」はもう終わった。小さくても確実に稼ぐ「まち会社」をつくり、民間から地域を変えよう!まちおこし業界の風雲児が、心構えから具体的な事業のつくり方、回し方まで、これからの時代を生き抜く「10の鉄則」として初公開。自らまちを変えようとする仲間に向け、想いと知恵のすべてを吐露します。

目次

序章 学生社長、ハゲる
第1章 まちから「利益」を生み出そう!(アメリカで学んだ「自立型」まちづくり
ふたたび"実践"の世界へ
「まち会社」の顧客は誰か)
第2章 まちづくりを成功させる「10の鉄則」(小さく始めよ
補助金を当てにするな
「一蓮托生」のパートナーを見つけよう
「全員の合意」は必要ない
「先回り営業」で確実に回収
「利益率」にとことんこだわれ
「稼ぎ」を流出させるな
「撤退ライン」は最初に決めておけ
最初から専従者を雇うな
「お金」のルールは厳格に)
第3章 自立した「民」がまちを変える(金食いインフラを「稼ぐインフラ」に
行政と民間は緊張感ある連携を
民間主導でまちを変えていく)
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

地方でまちづくりをする人にオススメ

「まちづくりには、地域にお金がまわるような事業の考え方も必要。これまでのまちづくりはお金の視点が弱すぎた。」