STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥2,229より

(2020/05/25 10:15:04時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈1〉ゲーデルの20世紀

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ゲーデル ノ 20セイキ
出版社: 東京大学出版会
単行本: 228 ページ / 440.0 g
ISBN-10: 413064095X  ISBN-13: 9784130640954  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 410.96

紹介

本シリーズは、ゲーデルの仕事を基点に20世紀の論理学の歩みを振り返り、公平な歴史認識のもとで、現代論理学の核となる概念や事実を立体的かつビビッドに解き明かそうという試みである。第1巻では20世紀のロジック全体を鳥瞰し、また日本を代表するロジシャンたちの案内で研究現場の様子を等身大に観る。

目次

ブールからゲーデルへ-20世紀ロジックの形成
第1部 ゲーデルと日本-明治以降のロジック研究史(高木貞治と数学基礎論-明治・大正期の先駆者たち
昭和初期の日本に届いたゲーデルの波紋
赤い本とそれ以後のゲーデル-大戦末期から1960年代まで
数理論理学のさまざまな発展-1970年代以降)
第2部 ゲーデルと哲学-不完全性・分析性・機械論(不完全性と分析性
人間と機械
ゲーデルと第二次大戦前後の日本の哲学)
第3部 ロジシャンの随想(プリンストンにて-私の基本予想とゲーデル
20世紀後半の記憶-数学のなかの構成と計算)
powered by openBD
ほかのサービスで見る