Amazonへ


中古あり ¥536より

(2020/04/09 14:36:34時点)

赤ちゃんはことばをどう学ぶのか (中公新書ラクレ)

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アカチャン ワ コトバ オ ドウ マナブ ノカ
出版社: 中央公論新社
新書: 214 ページ
ISBN-10: 4121506634  ISBN-13: 9784121506634  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 376.11

紹介

何も知らない赤ちゃんが、なぜ音をことばとして理解するようになるのか? 無垢な笑顔の裏の「努力」に驚かされること間違いなし
認知科学や発達心理学を研究する東京大学・針生先生。先生は生後6~18ヶ月くらいの子ども、いわゆる“赤ちゃん研究員”の「驚き反応」に着目し、人がどのようにことばを聞き取り、理解しているかという言語習得のプロセスを明らかにしてきました。本書はその研究の概要を紹介しながら、これまでに判明した驚くべき知見を紹介していきます。何も知らない赤ちゃんが聞いたことのない「音」をどうやって「ことば」として認識する? 生まれた時から英語に触れていたら、今頃はバイリンガル? 赤ちゃんは胎内で聞いたお母さんのことばを覚えている? そのプロセスを知れば、無垢な笑顔の裏側に隠された「努力」に驚かされると同時に、赤ちゃんへ敬意を抱くこと必至。あなたはどのようにして言葉を覚えましたか?
powered by openBD
ほかのサービスで見る