Amazonへ


中古あり ¥270より

(2020/03/29 07:57:55時点)

物語 ビルマの歴史 - 王朝時代から現代まで (中公新書)

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: モノガタリ ビルマ ノ レキシ : オウチョウ ジダイ カラ ゲンダイ マデ
出版社: 中央公論新社
新書: 458 ページ
ISBN-10: 4121022491  ISBN-13: 9784121022493  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 223.8

紹介

民主化運動の指導者アウンサンスーチー、壮麗なパゴダ、『ビルマの竪琴』などで知られ、潜在力の高い新興市場としても注目されるビルマ(ミャンマー)。王朝時代に始まり、イギリス植民地時代、日本軍による占領期。戦後の独立後は、ビルマ式社会主義、二三年間にわたる軍政期、そして二〇一一年に民政へ移管し、改革の進む現代まで。知られざる多民族・多言語・多宗教国家の歩みをたどり、未来を展望する。

目次

ビルマ(ミャンマー)という国(ビルマかミャンマーか-国名をめぐる基礎知識
国土と自然環境 ほか)
王朝時代のビルマ(先住の人々
ビルマ民族の王国 ほか)
英国植民地下のビルマ(押しつけられた国家
段階的な自治権付与 ほか)
ビルマ・ナショナリズムの擡頭(ビルマ人中間層とナショナリズム
仏教青年会(YMBA)) ほか
ビルマ人行政エリートの世界(インド高等武官(ICS)によるビルマ統治
ビルマ人ICSの誕生と増加 ほか)
日本軍の侵入と占領(緊迫する国際状況
南機関の諜報活動 ほか)
独立への最短距離-対英独立交渉(英国の対ビルマ政策の変化
一年以内の独立を目指して ほか)
独立後の現実-ウー・ヌ首相の時代(一九四七年憲法体制とウー・ヌ政府の混乱
日本との関係-コメの輸入と戦後賠償 ほか)
ビルマ式社会主義の時代-国軍による統治1(ビルマ式社会主義の理念と現実
一九八八年-全国規模の民主化運動 ほか)
軍事政権とアウンサンスーチー-国軍による統治2(軍政二三年間の歩み
アウンサンスーチーの思想と行動 ほか)
軍政後のビルマ-二〇一一年以降(二〇一一年三月の「民政移管」と二〇〇八年憲法体制
アウンサンスーチーの政治参加 ほか)
ビルマ・ナショナリズムの光と影(克服すべき三つの課題
排他的ナショナリズムの克服)
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

現在と未来のミャンマーを知りたい人にオススメ
ミャンマーを知る10冊
by Mr.backpackerさん 328回閲覧 2016/12/12公開

ミャンマー×歴史