Amazonへ


中古あり ¥1,408より

(2020/04/03 14:51:17時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

チンギス紀 七 虎落

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: チンギス キ
出版社: 集英社
単行本: 344 ページ / 13.4 x 2.5 x 19.4 cm
ISBN-10: 4087717119  ISBN-13: 9784087717112  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6
TRCMARC No: 20014573

紹介

テムジンか、ジャムカか? モンゴル族、そして草原の覇者を決する戦いが、いま幕を開けようとしていた。一大転機が訪れる第7巻。
心にしみこんだ敵は、心から消さねばならない。
草原が二大勢力に分かれるとき、かつての盟友は最大の敵となるのか?

ジャムカはテムジンの部将を討ちとった際に深傷を負ったが、それも癒えつつあった。テムジンはケレイト王国のトオリル・カンと結んでおり、ジャムカ、タルグダイ、アインガは、それぞれ単独では対抗できない。タルグダイの妻ラシャーンはタルグダイの意向をふまえ、ジャムカと二人きりで密かに話す機会を得る。タルグダイはすでにアインガとは会っていた。
あとは、ジャムカ、タルグダイ、アインガの三者が出会い、共通の敵について語ることができるかにかかっていた――。
モンゴル族の各氏族、メルキト族、ケレイト王国が二つに割れ、草原の覇者をめぐる一大決戦の幕が開ける、好評第七巻。

【著者略歴】
北方謙三(きたかた けんぞう)
1947年佐賀県唐津市生まれ。中央大学法学部卒業。81年『弔鐘はるかなり』でデビュー。83年『眠りなき夜』で第4回吉川英治文学新人賞、85年『渇きの街』で第38回日本推理作家協会賞長編部門、91年『破軍の星』で第4回柴田錬三郎賞を受賞。2004年『楊家将』で第38回吉川英治文学賞、05年『水滸伝』(全19巻)で第9回司馬遼太郎賞、07年『独り群せず』で第1回舟橋聖一文学賞、10年に第13回日本ミステリー文学大賞、11年『楊令伝』(全15巻)で第65回毎日出版文化賞特別賞を受賞。13年に紫綬褒章を受章。16年「大水滸伝」シリーズ(全51巻)で第64回菊池寛賞を受賞。『三国志』(全13巻)、『史記 武帝紀』(全7巻)ほか、著書多数。
powered by openBD
ほかのサービスで見る