Amazonへ


中古あり ¥1,256より

(2020/04/04 03:36:25時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

実存と構造 (集英社新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ジツゾン ト コウゾウ
出版社: 集英社
新書: 192 ページ
ISBN-10: 4087206106  ISBN-13: 9784087206104  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 114.5

紹介

二十世紀を代表する二つの思想-実存主義と構造主義。この「実存」と「構造」という概念は、実は表裏の関係にあり、人生に指針を与え、困難な時代を生きるための思考モデルでもある。同時代的に実存主義と構造主義の流れを体験してきた作家が、さまざまな具体例、文学作品等を示しつつ、今こそ必要な「実存」と「構造」という考え方について、新たな視点で論じていく。

目次

第1章 実存という重荷を負って生きる(宇宙の秘密に触れた医学生
「それでも地球は動く」と実存はつぶやく ほか)
第2章 実存を包み込む国家という概念(近代哲学は民衆を救えるか
国家を支える人倫という概念 ほか)
第3章 隠された「構造」の発見(構造は目には見えない
隠された構造があらわになる ほか)
第4章 実存から構造へ-大江健三郎の場合(日本における実存主義文学
私小説は実存主義文学の宝庫 ほか)
第5章 実存から構造へ-中上健次の場合(戦後生まれの文学が始まる
転機となったフォークナーとの出会い ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る