Amazonへ


中古あり ¥363より

(2020/04/01 04:57:32時点)

月に吠えらんねえ(10) (アフタヌーンKC)

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: 10
出版社: 講談社
コミック: 224 ページ
ISBN-10: 4065151821  ISBN-13: 9784065151822  [この本のウィジェットを作る]

紹介

神へと変貌した白さん。小説街の龍くんの勧めで、白さんと再会するため□街へ向かった朔くんが見たものは変貌した詩人たちの町!
第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・新人賞を受賞した近代詩歌俳句闇鍋的ジェットコースター。萩原朔太郎作品から生まれた「朔くん」、北原白秋作品から生まれた「白さん」、室生犀星作品から生まれた「犀」など、詩人本人ではなく作品のイメージをキャラクター化し、近代詩と日本の近代をいきいきと描いた作品。物語の舞台となる「□(シカク:詩歌句)街」には、詩人・歌人・俳人たちが集い、創作に励む。ある日、町はずれに謎の縊死体が現われた頃から街は戦前・戦中の不穏さに強く導かれはじめ、詩人たちはその雰囲気に抗えず戦争賛美へと向かってしまうが……。登場人物の言葉として鮮やかに引用される詩の数々は、創作にまい進する詩人たち、目覚めた自意識に苦しむ近代の女性像、文学者の戦争責任など、各々の罪や功績を鋭く描き話題に。


小説街の龍くんの勧めで□街へ向かった朔くんが見たものは変貌した詩人たちの町。白さんは「ひのもと」との接触で□街を管理し守る神と化していたのだった。縊死体の謎を解くため白さんに会おうとした朔くんだったが、再会した二人に起こったこととは。最新10巻、物語はついに核心へ!!
powered by openBD
ほかのサービスで見る